left
right

ホラー通信

この謎を解くまで逃げられない――大人気ゲームが3D映画に! 『サイレントヒル:リベレーション3D』

映画輸入 2013.03.18 19:00by


神秘的な美しさと残酷さが渦巻くオリジナルな世界観、暗闇に閉ざされた迷宮空間をおそるおそる探検していくスリルと圧倒的な臨場感が、世界中のユーザーを夢中にさせたKONAMIのホラーアドベンチャーゲーム「サイレントヒル」。

本作を3Dで完全映画化した『サイレントヒル:リベレーション3D』(原題『Silent Hill: Revelation 3D』)の日本公開が6月に決定し、ポスターヴィジュアルが解禁となりました。

本作は、幼い頃の記憶を失った美少女ヘザーを主人公に、彼女の忌まわしい生い立ちとサイレントヒルの呪われた真実をめぐるミステリーを描き出す本格ホラー。雪のように灰が舞うサイレントヒルの情景、奇怪にして獰猛なクリーチャーの完璧な映像化を成し遂げ、あらゆる観客に極限の戦慄体験をもたらします。

今回解禁となったポスターも、誰もいない夜の遊園地の写真がデザインされた不気味な雰囲気。あたかも「サイレントヒル」の街に迷い込んだと錯覚を覚えるほどの体験が味わえる、ハイクオリティな3D作品の仕上がりに期待です。

映画『サイレントヒル:リベレーション3D』は、6月全国ロードショー。

【ストーリー】

18歳の誕生日を迎えようとしているヘザーの人生は、他の同世代の女の子たちとはまったく違っていた。幼い頃の記憶がない彼女は、父親ハリーに守られるようにして各地を点々と移り住み、夜毎サイレントヒルという謎の街でおぞましい怪物に追われる悪夢にうなされているのだ。そんなある日、父親が不可解な失踪を遂げる。壁には「サイレントヒルに来い」という血文字が残されていた。遂に彼女はサイレントヒルに足を踏み入れてしまう、と突然鳴り響いたサイレンを合図に街は闇に飲み込まれ、想像を絶する恐怖に遭遇する。父を捜すため、さらに迷宮の奥深くへと身を投じたヘザーは、自らの封印された出生の秘密、そしてサイレントヒルの呪われた真実を探り当てていくのだった……。

サイレントヒル:リベレーション3D
http://silenthill3d.gacchi.jp/

A Canada-France Co-Production (c) 2012 Silent Hill 2 DCP Inc. and Davis Films Production SH2, SARL.

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事