left
right

ホラー通信

4DX上映専用の体感型ホラー映画誕生! 白石晃士監督作『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』

イベント国産映画 2015.09.29 13:00by

座席の動きや、風・雪・雨・香り・煙をも起こすことができるという4DXでの映画上映。そんな4DXの性能をすべて活かしたホラー映画があったら……? かなり恐ろしそうですが、そんな映画が日本で初めて誕生。2016年1月より公開となる『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』です。『マーダー・ライドショー』のようなタイトルもそそりますね!

今作を手掛けるのはなんと、人気シリーズ『戦慄怪奇ファイル コワすぎ!』が『niconico』での上映時に記録的なコメント数を誇るほか、『殺人ワークショップ』『ある優しき殺人者の記録』で観る者を魅了したホラーの鬼才・白石晃士監督。フェイク・ドキュメンタリーの手法で多くの作品を作り出してきた白石監督が、4DXの入念なリサーチのもと恐ろしい演出を設計したという今作は題材が“脱出ホラー”となっております。廃校を舞台に、お遊びの番組企画でロケに出向いたアイドル達がひとりの狂人の登場により怒涛の恐怖に巻き込まれていく……とのこと。

白石監督は、「4DXのあらゆる機能を駆使し、少女たちの廃校脱出という展開に恐怖とアクションとビックリ要素を凝縮連発しています。お化け屋敷のジェットコースターがレールを外れてブッ飛んでいくような映画です。この全く新しい究極の臨場感をぜひ体験してください!」と熱くコメントしております。ジェットコースターのレールが外れたら、普通、死にますよね……。や、やだあ。

ホラー映画ファン、白石監督のファンはもちろんのこと、ホラーアトラクション好きにも要注目の『ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~』は、2016年1月、ユナイテッド・シネマ豊洲他全国順次ロードショーです。どうぞお楽しみに!

<ストーリー>
廃校で行われる、アイドル3人による肝試し生中継、それは“お約束”のバラエティ番組のハズだった―。新人アイドルのナツミ、エレナ、キヨ。プライベートでも仲の良い女子高生3人組が番組ロケにやってきたのは山の中にある薄暗い廃校だった。夜な夜な女のすすり泣きが聞こえるというウワサの廃墟となった中学校。「私達、これから肝試しをしまーす!」「こわーい!」。TVディレクターの田代がカメラを回し、生中継する肝試し企画はいつも通りのよくあるバラエティになるはずだった―。はしゃぐアイドル達とは裏腹にどこかから不気味な口笛が響く。突如彼女たちの目の前に現れたのは珍妙な服装をした学校の番人だった!突然の遭遇に廃校に逃げ込んだのはよかったが、外から刃物を持って見張っている。「なんだこれ何のつもりだ!」予想外の事態に田代も次第に事態の深刻さと逃げ場のない廃校に入ったことを後悔し始める。「ええええー何!」「きいてない、きいてない!事務所の人はどこ!?」ディレクター田代のマジな焦り顔に、アイドルたちの表情に本物の恐怖が浮かび始める!いたずらのつもりで用意した肝試し、学校の様々な仕掛けが今、地獄の装置へと変わる!「ぎゃははは!!!!」番人の不気味な笑い声が響く、そして、ひとりのアイドルが…消えた!!!果たしてアイドルたちは、この異空間を脱出できるのか?

(C)2016vauxhallrideshow

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事