left
right

ホラー通信

サム・ライミ×ブルース・キャンベル奇跡の再タッグ! 『死霊のはらわた リターンズ』6月24日より配信スタート

TV国産 2016.05.31 18:00by

大人気ホラー映画『死霊のはらわた』がTVシリーズになって復活! サム・ライミ監督と主演ブルース・キャンベルの奇跡の再タッグが実現! 『死霊のはらわた リターンズ』が6月24日よりHuluにて独占配信がスタートします。

『死霊のはらわた リターンズ』は1979年、ミシガン州で産声をあげたカルト的人気作の待望の続編。映画同様、身の毛がよだつ惨事、ゾクゾクする恐怖、右手首のない主人公アッシュ・ウィリアムズが放つ常軌を逸するユーモアにも期待大です。

製作総指揮はもちろん、オリジナル版映画の制作陣であるサム・ライミ、ロブ・タパートと俳優ブルース・キャンベル。サム・ライミは、兄のアイヴァン・ライミ、トム・スペツァイアリと共に脚本を担当、そしてドラマのエピソード1の監督を担当します。ところどころに散りばめられた過去作品で象徴的なシーンのオマージュやアイテムが登場し、ファンにとってはたまらない演出も盛りだくさんとのこと。

愛車の「1973オールズモビル デルタ88」の上にアッシュが仁王立ちしたヴィジュアルも解禁。6月24日(金)より配信スタート、以降、毎週金曜日に1話ずつ追加予定(全10話)です。

『死霊のはらわた リターンズ』ストーリー
あの山小屋で起きた忌まわしい惨劇から30年、アッシュはすっかり白髪交じりの中年になっていた。ある日、平穏に暮らしていたアッシュの周囲が突如一変する。あの悪霊たちが再び現れたのだ。数日前の記憶をたどったアッシュは自分がとんでもないヘマをしたことに気づく。ハイになった彼は“死者の書”の呪文を一度だけ唱えてしまったのだ。知らないフリして逃げようとしたが、時既に遅し。アッシュは気乗りしないながらも悪霊たちと戦うことを決意する。
右手に取り付けたチェーンソーと左手に握ったショットガン、そして偶然行動することになった2人の仲間と共に、アッシュは悪霊退治に旅立つ。

製作総指揮:サム・ライミ(EP1監督、脚本)、ロブ・タパート、ブルース・キャンベル、クレッグ・ディグレゴリオ(ショーランナー)
出演:ブルース・キャンベル、ルーシー・ローレス、レイ・サンティアゴ、ダナ・デロレンゾ、ジル・マリー・ジョーンズ ほか
Ash vs Evil Dead (C)2015 Starz Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事