left
right

ホラー通信

一粒の“雨”で人間が豹変する―― 満足度90%超の感染パニックホラー『ダーク・レイン』

映画海外 2017.01.18 09:00by

辛口批評サイトRotten Tomatoesで批評家満足度95%、観客満足度88%(1/18現在)という驚異の数字を叩き出したメキシコ産ホラー『ダーク・レイン』が日本公開。

世界中が未曾有の激しい豪雨に見舞われた日、雨に紛れて“何か”がやってきていた……。人里離れたバス・ステーションに居合わせた8人の男女が、奇妙な現象に巻き込まれる。1人の女性ローザがウィルスに感染したような症状を見せ、外見が変貌していく。ラジオによると、雨による原因不明の伝染病で外でも混乱が起きているらしい。はたしてこれは単なる伝染病なのか? 物語のラストに待ち受ける、驚愕の真実とは――。

一粒の雨が人間の外見も内面も変貌させてしまう、この恐ろしい進化系ウイルスパニックを手掛けたのは、『パラドクス』のアイザック・エスバン監督。前作でもカンヌ国際映画祭などの国際映画賞に40部門ノミネート15部門受賞、今作でもシッチェス映画祭などに30部門ノミネート7部門受賞という快挙。

予告編を観ると、モノクロに近いダークなトーンや、演劇的な世界観がかなり独特の雰囲気。好みが分かれそうな作風にして、批評家・観客ともに高い評価を受けているのがまた気になるところ。『ダーク・レイン』は『未体験ゾーンの映画たち2017』にて、1月21日(土)より公開。どうぞお楽しみに。

作品概要

上映スケジュールは『未体験ゾーンの映画たち2017』公式サイトをご確認ください。
公式サイト:http://aoyama-theater.jp/feature/mitaiken2017

『ダーク・レイン』
監督・脚本:アイザック・エスバン
製作:パブロ・グイサ・キャスティンガー「ABC・オブ・デス」
音楽:エディ・ラン「パラドクス」
出演:ルイス・アルベルティ/フェルナンド・ベセミル「マスク・オブ・ゾロ」/
   ハンバート・ブストー「アモーレス・ペロス」/アルベルト・エストレヤ「マイ・ボディガード」
原題:THE SIMILARS/メキシコ/英語/カラー/90分/字幕翻訳:額賀深雪
配給:AMGエンタテインメント

(C)2015 FIDECINE, Red Elephant Films, Yellow Films, Zenski Cine. All Right Reserved.

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事