left
right

ホラー通信

【ホラー通信セレクト 今週公開の映画】2018/1/26号:ハリウッド・リブート版『ザ・リング/リバース』、韓国発スリラー『殺人者の記憶法』

今週公開のコワイ映画 2018.01.26 17:50by

ホラー通信がセレクトする今週公開の映画をご紹介します。

今週は、話題作『ザ・リング/リバース』が公開に。ハリウッド版の『リング』最新作である今作は、“呪いのビデオ”を見てしまった主人公が呪いを解くために奔走する『リング』の物語を新たに再映画化したもの。なのでナオミ・ワッツ主演の過去作『ザ・リング』や『ザ・リング2』を観たことがなくても大丈夫! 問題なくストーリーに入っていけます。日本版『リング』の呪いの女性“貞子”は、ハリウッド版では“サマラ”という名前で登場しますよ。貞子はすっかり日本を代表するホラーアイコンへと成長しましたが、海外でのサマラもなかなか人気があるようで。2017年公開の『アナベル 死霊人形の誕生』で亡くなった少女・ビーを演じた子役のサマラ・リーは、『ザ・リング』のサマラからその名がつけられたんだそう。本人も『ザ・リング』は大好きな作品なんですって。

そしてもう一作! こちらも見逃してほしくない注目作です。韓国発のスリラー『殺人者の記憶法』が公開。連続殺人犯だって人並みに年も取ります。こちらの主人公は元・連続殺人犯でアルツハイマーを患っているお年寄り。殺人はすっかりやめて一人娘とおだやかな老後を過ごしていましたが、アルツハイマーで記憶が徐々に失われ、通常の生活すらも困難になる中、現役の連続殺人犯に遭遇したことからスリリングなバトルへと発展していく物語です。ちなみに主人公の老人を演じたのはまだ49歳のソル・ギョング! 「特殊メイクでは役に入りきれないから」と、体重を落とし自ら“老け込む”ことで演じきったそう。そのカメレオン俳優ぶりにも是非ご注目ください!

それでは今週も行ってらっしゃい!

『ザ・リング/リバース』  1月26日公開

<ストーリー>
「見た者は7日後に必ず死ぬ」と言われる“呪いのビデオ”。呪われた人間は恐怖の奈落へと突き落とされ、恐ろしい形相で亡くなるという。恋人ホルトの身代わりとなり、呪いのビデオを見てしまったジュリア。それ以来、奇妙な出来事が彼女の周囲で起こり始める。助かる方法はただ一つ、「ビデオのコピーを取り、誰かに見せること」。
しかしジュリアのビデオはなぜか複製することが出来ず、それまでには存在しなかった、新たな映像が加わっていた。迫り来る運命から逃れ、死の連鎖を断ち切るべく、ビデオに登場するイメージを手掛かりに、呪いのルーツを探り、謎を解き明かそうとするジュリアとホルト。

やがて辿り着いたのはひとりの少女の存在、そして“彼女”の抱えた深い哀しみだった―。

上映館:全国順次ロードショー
この映画の記事:コックピットに“サマラ”出現!? 『ザ・リング/リバース』呪いのビデオが飛行機をハイジャックする本編映像
リンク:映画公式サイト

『殺人者の記憶法』  1月27日公開

<ストーリー>
獣医のビョンスはアルツハイマーで元連続殺人鬼という顔を持ち、日々の出来事を“録音”することを習慣に過ごしていた。ある日、接触事故を起こし謎の男テジュに出会う。その目つきに彼もまた殺人犯だと確信し、警察に通報するがまともに取りあってもらえない。やがてテジュはビョンスの愛娘ウンヒの彼として目の前に現れる。ビョンスは1人でテジュを捕らえようとするが、アルツハイマーにより記憶は途切れ混乱していく。そうしてまた始まった連続殺人事件…。これはヤツの仕業なのか?

上映館:シネマート新宿ほか全国順次ロードショー
この映画の記事:アルツハイマーの“元”連続殺人犯VS“現役”連続殺人犯! 記憶が消える前に奴を殺せるか? 傑作スリラー『殺人者の記憶法』
リンク:映画公式サイト

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事