left
right

ホラー通信

【今週公開のコワイ映画 2014/1/17~1/23】 『スリーデイズボディ』『ポール・バーホーベン/トリック』『アイスピットオンユアグレイヴ2』他

今週公開のコワイ映画 2014.01.20 15:45by

1/17~1/23公開のコワイ映画です。
1/18より、ヒューマントラストシネマ渋谷の好評企画『未体験ゾーンの映画たち2014』がスタートしています。ホラー系作品も多数公開となりますのでお見逃しなく。DVDで発売される作品もあるので、遠方の方も気になる作品をチェックしてみてくださいね。

『スリーデイズボディ-彼女がゾンビになるまでの3日間-』 1月18日公開


関連記事:体調が悪い……病気かしら? いいえゾンビになってました 1月18日公開『スリーデイズ・ボディ-彼女がゾンビになるまでの3日間-』【未体験2014】

[ストーリー]
母親と二人暮らしのサマンサは、ある夜、パーティーで出会った行きずりの男と関係を持つ。だがその日から、サマンサの身体に異変が起き始める。性病に感染したと思いこむサマンサだったが、その症状はそんな生易しいものではなかった。髪は抜け落ち、目は充血し、身体が腐り始めていく。サマンサは、なんとか症状を抑えようと奔走するが・・・。

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷[1/18(土)~1/21(火)、1/29(水)~1/31(金)]
『未体験ゾーンの映画たち2014』詳細ページ

『ポール・バーホーベン/トリック』 1月18日公開


関連記事:天才映画監督が脚本を一般公募 完成した作品の出来は果たして? 『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』【未体験2014】

映画の冒頭4分だけを公開し、その後の脚本を一般公募して制作したという異色の本作。総指揮・監督を務めるのは、鬼才ポール・ヴァーホーヴェン。本作は、ヴァーホーヴェン監督の新たなる映像制作への挑戦を追ったドキュメンタリーと、送られてきた1000以上の脚本から、ヴァーホーヴェン監督が自ら選び抜き、繋ぎ合わせて制作された映像作品との2部構成になっている。

[ストーリー]
セックス 金 嘘 嫉妬 裏切り――人間のあらゆる欲望が渦巻く 極上のサスペンス
 資産家で女好きのレムコ。妻と2人の子ども、裕福な生活、美しい愛人――欲しいものをすべて手に入れた完璧な人生。ある夜に50歳の誕生日パーティーを妻に開いてもらい、人生の絶頂を噛みしめる。しかし、海外で暮らしていたはずの元愛人ナジャの突然の訪問で、彼のすべてが音を立てて崩れ始める――。

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷[1/18(土)~1/31(金) ※上映期間延長の可能性あり]
『未体験ゾーンの映画たち2014』詳細ページ

『バイロケーション』 1月18日公開

2010年、第17回日本ホラー小説大賞を受賞した法条遥原作の新感覚のサスペンス・ホラー『バイロケーション』が、角川ホラー文庫20周年記念作品として遂に映像化。別エンディングバージョンも用意されており、2月1日に『バイロケーション 裏』として公開される。

[ストーリー]
ある日スーパーで偽札の使用容疑をかけられた忍。10分前の防犯カメラ映像には、いるはずのない自分が映し出されていた。到着した刑事・加納に対し、偽札を使ったのは自分ではないと反論する忍。加納は意外なことに、「あれがあんたじゃないのはわかっている。あれはニセモノだ」と答えた。状況が飲み込めない忍はそのままあるレストランへと連れて行かれる。そこは、ある会の集まりでもあった。会のメンバーらに囲まれ、忍は想像を絶する真実を聞かされる。“バイロケーション”。それは、自分と同じ容姿でありながら全く別の人格を持つ、もう一人の自分。通称バイロケと呼ばれるその人物はオリジナルよりも凶暴な性格を持ち、必ずオリジナルを殺しにくるのだという……。

上映館:池袋HUMAXシネマズほか
公式サイト:http://www.bairoke.jp/

『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ2』 1月19日公開


関連記事:ヤラれたら殺りかえす!! モデル美女が繰り広げるムゴすぎる復讐劇『アイスピットオンユアグレイヴ2』【未体験2014】

1978年製作のカルト・ムービー『発情アニマル』をリメイク、2010年にアメリカをはじめ世界各国でスマッシュ・ヒットとなった『アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ』が、パワーアップして帰ってきた!今度の舞台は東欧。ニューヨークから来た美女モデルが、非道な男たちの毒牙にかかる。監禁され、レイプされ、徹底的に辱められた女。目には目を。10倍返しの復讐劇がはじまる!

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷[1/19(日)~1/21(火)、1/24(金)・1/25(土)、1/29(水)・1/30(木)]
『未体験ゾーンの映画たち2014』詳細ページ

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事