left
right

ホラー通信

【今週公開のコワイ映画 2014/2/28~3/6】 『ありふれた事件(HDリマスター)』『隙間女 劇場版』

今週公開のコワイ映画 2014.03.01 19:19by


2/28~3/6公開のコワイ映画です。
今週は、1992年に公開されたカルト映画『ありふれた事件』がHDリマスター版で劇場公開されます。殺人を生業とする男のフェイク・ドキュメンタリーである今作。今なお観るものの頭にこびりつくようなおそろしい狂気に満ちています。一生忘れられなくなるようなこの作品を、是非とも劇場でお楽しみください。

『ありふれた事件』(HDリマスター版) 3月1日公開




犯罪、暴力、殺人。モノクロ画面に展開される強烈な映像、生々しい現実性と真実味を感じさせるドキュメンタリー・タッチのストーリー。1992年に公開された今作のその独特のフェイク・ドキュメンタリー仕立ての撮影手法は、後の同手法(POV)映画に大きな影響を与えた。その後サンダンス映画祭などでも上映され、クエンティン・タランティーノやブライアン・デ・パルマからも熱烈な支持を受けた。

<ストーリー>
列車の窓辺にたたずむ男・ベン。彼は突然、列車内ですれ違った女性を絞殺し、死体を鉄橋から川に投げ込む。そして死体の性別、年令によって重しの重量が違うことを説明する。

実は今、殺人・強盗を職業としている彼をテーマにしたドキュメンタリー映画の製作中なのだ。撮影クルーは、監督のレミー、カメラのアンドレ、録音のパトリックの3人。ベンは、どういう人間を殺せば最も割がいいかを説明しながら、次々と殺人を重ね、撮影クルーはそれをフィルムに収めていく。そんなベンと行動を共にすることで、様々な危険を冒し始める撮影クルーたちも、次第に彼の犯罪に加担し、女性を輪姦・殺害・さらには内臓を取り出すという狂気に走る。

そしてモラルを失った彼らに、思いがけない自体が迫ろうとしていた……。

上映館:シアター・イメージフォーラム(渋谷)
上映期間:3/1(土)~3/7(金) 21:00~

公式サイト:http://www.albatros-film.com/movie/arifureta-jiken/

『隙間女 劇場版』 3月1日公開




<ストーリー>
OLとして働く小春は、疎遠になっていた妹の今日子の異変の報を受けて部屋を尋ねた。
するとあらゆる隙間にテープが貼られた異様な部屋で、衰弱した今日子が倒れていたのだ。

意識が戻った今日子は、ある家へ肝試しに行ったときに体験した話を小春に伝える。
どれはその空き家に潜む隙間女という悪霊の存在だった。その呪いに犯されてしまった今日子を助けるため、実態を探るべく空き家に向かう小春。

そこには何も知らずその家に引っ越してきたさおりが隙間女に閉じ込められていたのだ。

上映館:イオンシネマ板橋
上映期間:3/1(土)~3/7(金)

公式サイト:http://manchikan.com/sukima/

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事