left
right

ホラー通信

日常の不思議募集中『学校の怪談/呪いの言霊』呪いの6秒動画キャンペーン あの現役JKも参戦!

国産映画 2014.05.30 10:30by


伝説の恐怖映画が21世紀に蘇る。原作本累計270万部、4本の映画シリーズ、テレビアニメ、テレビドラマなどで20世紀の日本にホラーブームを巻き起こした伝説的作品『学校の怪談』。そして時を経ること15年、ダンスボーカルユニット東京女子流を主演に迎えた最新作『学校の怪談/呪いの言霊』が現在公開中です。

そんな『学校の怪談/呪いの言霊』がモバイルアプリ「Vine」を利用した「呪いの6秒動画キャンペーン」を実施。「東京女子流を主演に6秒動画を撮れる権利」など、豪華賞品のほか、Vine界のスター・現役女子高生oozeki reikaさんもこのコンテストに参加し、話題を集めています。


日常の光景も、この世と異世界をつなげる“きつねの窓”で切り取ると様々な怪奇現象が。劇中ではそこから生まれた恐怖が描かれているため、このキャンペーンでも「様々な不思議」が収められたVine動画を募集します。

Vineはスマートフォンにダウンロードするだけで、簡単に動画が作れるアプリ。アナタも今すぐ不思議動画を作ってチャレンジしてみては? もし本当にヤバい何かが映り込んでしまっても、当方責任はとれませんのであしからず……。

【キャンペーン期間】
2014年05月8日(木)~2014年05月31日(日)

【キャンペーン参加について】
応募作品は、スマートフォンにインストールしたアプリケーション「Vine」を使って撮影し、Twitterにアップロードした動画とさせていただきます。応募者自身が撮影し制作したオリジナルの作品とさせていただきます。Twitterへのアップロード時、必ずTwitterで指定のハッシュタグ(#学校の怪談)をつけて投稿してください。応募作品数に制限はありません。

http://noroi6.jp


『学校の怪談/呪いの言霊』ストーリー

高校生の彩乃、未夢、友梨、芽生らは、過去に死者も出たという学校で起こったガス事故について噂話を聞くが、その日から体育館に不気味な人影が現れたり、閉鎖された教室で息遣いが聞こえるなど、怪現象が起こり始める。同じ頃、ネットに流すフェイクのホラー映像を撮影するため、廃校に忍び込んだひとみは、仲間の公雄から聞いた霊界につながる「きつねの窓」を作り、その中をのぞくが……。

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事