left
right

ホラー通信

【今週公開のコワイ映画 2014/6/13~6/19】 『オープン・グレイヴ-感染-』『シー・オブ・ザ・デッド』『劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市』

今週公開のコワイ映画 2014.06.13 22:00by


6/13~6/19公開のコワイ映画です。今週はドドンと3本!
シャールト・コプリー主演の記憶喪失×感染スリラー『オープン・グレイヴ―感染―』。断片的な情報と、少しずつ甦る記憶から徐々に浮かび上がってくる衝撃の真実にハラハラドキドキの一作です。
『シー・オブ・ザ・デッド』はブラジル・ホラー映画祭2014の最後を飾る、日本初上映のゾンビ・スプラッター。圧倒的な血のり量をご堪能あれ。
そして、日本からは『劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市』が公開です。ベストセラーホラー小説、平山夢明著の『東京伝説』をオムニバスホラーとして映画化この作品。お化けや呪いなどではない、“人間の狂気”が呼び起こす恐怖をどうぞお楽しみください。
それでは今週も行ってらっしゃい!

『オープン・グレイヴ-感染-』 6月14日公開

<ストーリー>
死体に埋め尽くされた穴の中で目覚めた男は、自分が記憶を失っていることに気付く。ミステリアスなアジア人女性が穴の縁からロープを投げ、男を助けて去る。男は深い森の中を彷徨った末、近くの建物を見つける。そこには先程のアジア人女性と、他に3人の男、1人の女がいた。
しかし、その4人の誰もが記憶を失っていたのだった。ただ、彼ら4人はIDカードや鍵を身につけていたため、名前や自分の車は知ることができていた。
唯一、何かを知っているらしいアジア人の女性は英語を話すことができず、読めない文字を紙に書き綴る。建物のキッチンにはカレンダーがあり、「18日」に丸がつけられていた。
建物を出たアジア人女性のあとを追うと、なにかのウイルスに感染した女性が鎖で繋がれている小屋にたどりつく。アジア人女性が世話をする感染者は、男を見るなり、「お前は私を利用した」と叫ぶ。それを聞いた他の者たちは、男に警戒心を抱くようになり――。

関連記事:死体だらけの穴の秘密は……! シャールト・コプリー主演の記憶喪失スリラー『オープン・グレイヴ-感染-』

上映館:ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開
お得情報:初日&先着来場者特典あり。詳しくは記事をご覧ください。
公式サイト:http://opengrave.jp/

『シー・オブ・ザ・デッド』 6月14日公開

<ストーリー>
海辺に佇む小さな村。ある日、海に出たベテラン漁師のベロアは奇怪な形態をした生物から襲われ大けがを負う。誰も信じないだろうと真実を隠し、釣れたアカエイを売った彼はその夜、おぞましい行動を起こす。一方で、アカエイをさばいた使用人のアウビノは身の変化に気づく。実は海中でゾンビ感染が発症、魚たちは皆ゾンビ化していたのだ。感染は村人間でも徐々に進み、大勢が集まった娼婦小屋開店日の夜、爆発的に広がる。大量発生したゾンビで覆い尽くされ、村は地獄絵図と化す。

関連記事:【閲覧注意】熱帯のグロ泥スプラッター『ブラジル・ホラー映画祭2014』開催!! 監督とっても楽しそう

上映館:渋谷ユーロスペース
上映期間:6/14~6/27
公式サイト:http://www.curiouscope.jp/brazilhorror/

『劇場版 東京伝説 歪んだ異形都市』 6月14日公開


「東京伝説」に収録されているエピソードに、幽霊は一切出てきません。かつて「怖い」と認識されていた幽霊や超常現象にとって代わった「恐怖」、それは「人間の狂気」です。登場人物たちは、みな普通の女の子たち。そんな彼女たちに一瞬の隙をついて近づき、迫り、蹂躙し、事もなげに立ち去る「一線を超えてしまった」加害者たち。彼女たちの生活態度に非があるのでしょうか?警戒心がなさすぎるのでしょうか? あなたがたひとりひとりが、この物語の「被害者」にも「加害者」にもなり得るのです―。
人間の様々な欲望が蠢く東京を舞台に描かれる、人間の恐怖。ぜひ覗いてみてください。

<ストーリー>
・「ぬいぐるみ」
送られてきた薄汚れたクマのぬいぐるみ。捨てても捨てても、何度も戻ってくるぬいぐるみに恐怖を抑えられない志保美は…。
・「野外」
鬱蒼とした森の中を走るワンボックス。尿意を堪えきれず車を降りる朋美は用をたし、車に戻ろうとすると人の気配を間近に感じ…。
・「素振り」
ひとり暮らしをしているリサ。深夜「ブン、ブン」という低音が耳障りで目を覚ますと、見知らぬ男が部屋の中で素振りをしていた―。
・「廃墟」
ほんの遊びのつもりで廃墟を訪れた若い男女3人が、思いがけない恐怖体験をすることにー!
・「ホテル」
ホテルの廊下で車いすの男性が部屋に入れず困っている。助けようとその男性に声をかけた由佳は想像を絶する事態に巻き込まれる。

上映館:シネマート六本木にて限定公開
イベント:初日舞台挨拶あり
公式サイト:http://www.at-e.co.jp/2014/tokyodensetsu-yuganda

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事