left
right

ホラー通信

戦慄の映画体験 ヒッチコックの名作『サイコ』を生オーケストラ演奏で観られる『シネオケ』 7月に開催

イベント映画輸入 2013.06.30 18:43by


名作映画を、生オーケストラの演奏と共に上映するという斬新な試みが行われる。今年7月に開催される『シネオケ』である。上映作品は『カサブランカ』『雨に唄えば』、そしてアルフレッド・ヒッチコックの名作サスペンス『サイコ』
この『シネオケ』がどういう風に行われるかというと、映画からオーケストラの音楽部分だけを抜き取り、セリフや効果音はそのまま上映。音楽部分は、東京フィルハーモニー交響楽団が目の前で演奏するのである。

『サイコ』の、シャワーを浴びる美女に無慈悲に包丁が振り下ろされるシーンの緊迫感あるサウンドトラック。それがオーケストラの生演奏で――となるのだから、想像するだけでゾワゾワと鳥肌が立ってしまう。
劇場で観る映画の興奮と、オーケストラの生演奏の興奮が相乗効果を生む前代未聞の『シネオケ』。是非とも体験したいものだ。


会場:東京文化会館大ホール 
指揮者:ニール・トムソン 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽
公演日程
7/19(金) 14:00「カサブランカ」/18:30「サイコ」
7/20(土) 12:00「カサブランカ」/16:30 「雨に唄えば」
7/21(日) 12:00「雨に唄えば」 /16:30「サイコ」
日本語字幕あり
料金:S席8,800円/A席7,800円/B席6,800円/C席4,800円
主催:フジテレビジョン/キョードー東京/ぴあ/ニッポン放送/WOWOW
公式サイトhttp://cine-oke.com

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事