left
right

ホラー通信

人生のホラー映画ベスト3 【『REC』シリーズ監督 パコ・プラサ編】

ホラー通信 2014.12.19 18:00by

「ホラー映画のベスト3をあげるなら?」というシンプルながらも悩んでしまう質問を、映画関係者・著名人の皆さんにうかがっていく『ホラー通信』特別企画です。

今回は『REC』『REC2』の共同監督、『REC3 ジェネシス』の監督であるパコ・プラサさんにお伺いしました。

パコ・ブラサ編

・『ザ・チャイルド』(1976) 監督:ナルシソ・イバニェス・セラドール
・『ローズマリーの赤ちゃん』(1968) 監督:ロマン・ポランスキー
・『藪の中の黒猫』(1968) 監督:新藤兼人

<コメント>
えー!むずかしいね(笑)。まずはスペインの『ザ・チャイルド』、それに『ローズマリーの赤ちゃん』でしょう、3つ目は……選択を誤りたくないな、慎重に選ぶよ(笑)。
うーん、ホラーというよりファンタジーだけど、日本人の監督の『藪の中の黒猫』。今年初めて観たばかりだけど、とても素晴らしかった。
ホラー映画は本当に沢山観てるから3つだけ選ぶのは難しいね! 3本とも本当に僕の大好きな映画。特に『ザ・チャイルド』は観て損はないよ。是非観てみて!

<パコ・プラサ プロフィール>
1973年生まれ。ジャウマ・バラゲロと共同で作り上げた感染スリラー『REC』で世のホラー好きを震撼させた。同シリーズの完結編となる、プロデューサーを務めた『REC4 ワールドエンド』が2015年1月31日に公開となる。

関連記事:『REC』の起源はパンク・ロックと『食人族』――『REC』シリーズ共同監督パコ・プラサ インタビュー

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事