ホラー通信

正気かよ…… サメ竜巻シリーズ最新作をまさかの4DXで公開『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』

外国映画笑える 2018.08.02 19:00by

悪ノリがすぎる。

サメが竜巻にのって空から降り注ぎ人間を食らう異常気象(異常にもほどがあるわ)を描く『シャークネード』シリーズより、6作目となる最新作の日本上陸が決定。

本国アメリカではテレビ映画のシリーズで、日本でもこれまではDVDや配信でのリリースでした。しかし今回はなんと劇場公開。しかも4DX上映だというんだから大変なことですよ。席がガタガタしたり水をかけられたり風が吹いたりするのでしょう。調整に気合が入っていれば劇場内で竜巻が起こる可能性もあります。サメも降るのかな?

情報解禁に伴って、やけに高揚感のある特報映像も解禁となっております。30秒ほどなので再生をポチッとどうぞ。

ツッコミどころしかない映像ですが、最後の「これがホントのラストサメライ!?」のダメ押し感がすごい。ラストサメライってなに。

『シャークネード』シリーズを製作するB級映画配給会社『アサイラム』の代表にして、今作でも制作を務めるデヴィッド・マイケル・ラットは、かつて「日本のファンは世界でもとびきり熱くて献身的だよね。君らがいなければメガ・シャークもなかった。だから、全部キミたちの責任だよ!」コメントしていますが、今回の4DX上映でますます調子にのりそうな予感がいたしますね。まあ楽しければいいんじゃないかな?(適当)

今作の上映は11月ですが、9月には予算150億円を投じた規格外のサメ映画『MEG ザ・モンスター』の公開や、『東京国際サメ映画祭』の開催も控えていますので、過剰なサメ供給に耐えうるよう、心身の調子を整えておいてくださいね、

作品概要

『シャークネード ラスト・チェーンソー 4DX』
11月2日(金)ユナイテッド・シネマ、シネプレックスの4DX劇場にて全国ロードショー
(原題:The Last Sharknado : It’s About Time)/2018年8月19日 米Syfyチャンネルにて配信予定

監督:アンソニー・C・フェランテ 脚本:サンダー・レヴェン 制作:デヴィッド・マイケル・ラット
出演者:アイアン・ジーリング(フィン役)、タラ・リード(エイプリル役)、
キャシー・スケルボ(ノヴァ役)、ヴィヴィカ・A・フォックス(スカイ役) ほか

※記事中の場面写真は旧作のものです。

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事