left
right

ホラー通信

ピッチャー貞子vsバッター伽椰子! 俊雄も全力疾走する恐怖の始球式の結末は?

お笑い国産 2016.06.01 20:05by


日本が世界に誇る2大巨頭、『リング』シリーズの貞子と、『呪怨』シリーズの伽椰子が遂に共演・対決する史上最恐プロジェクト『貞子vs伽椰子』。6月18日の公開を前に北海道・札幌ドームにて貞子、伽椰子、俊雄が始球式に登場。貞子が投げ、伽椰子が打ち、俊雄が走る阿鼻叫喚のイベントとなりました。

対戦カードは北海道日本ハムファイターズ×東京ヤクルトスワローズ。ホームチームであるファイターズを鼓舞するファイターズガールのダンスに場内が沸く中、突如、バックスクリーンのオーロラビジョンに異変が。ノイズが発生し、徐々に映像は消え、やがて砂嵐状態に。怯えたファイターズガールがグランドから去り、異常事態に観衆がザワつき始めると、ビジョンには画面から這い出てくる貞子の姿が。


その後、実体としてグランドに登場した貞子がグローブとボールを携えマウンドへ。続いて出現した伽椰子は金属バットを片手にバッターボックスに向かいます。その傍には俊雄。

日本人メジャーリーガー・前田健太選手ばりのマエケン体操を見せつけ伽椰子を挑発する貞子。ファイターズの人気選手・中田翔の尻振りルーティンを炸裂させて貞子に対抗する伽椰子。それをじっと体育座りで見つめる俊雄。札幌ドーム始まって以来、いや日本プロ野球始まって以来のカオスすぎる光景に、観客は大盛り上がり。


大きく振りかぶった見事なフォームから、呪いを込めた渾身の魔球を放つ貞子。まさかの豪速球! しかし、どっしりとした構えから負けじと怨念を乗せ、豪快にフルスイングする伽椰子。果たしてそのバッドは見事にボールを捉え、三遊間を抜けるクリーンヒット、 貞子が伽椰子に完敗するという意外な結末となりました。


さらに、立って走れない伽椰子の代わりに俊雄が全力疾走! 俊雄、なんかデカいし速い!


衝撃の連続にどよめきの止まらない観衆をよそに、ファイターズのマスコットキャラクター:B・Bに肩を借りながら貞子が退場したそう。嗚呼、生で見れた人がうらやましいな!

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事