ホラー通信

陰謀渦巻く新感覚サスペンス『アンダー・ザ・シルバーレイク』 暗闇で“何か”に追われる不穏な本編映像

外国映画 2018.10.12 20:00 by

『イット・フォローズ』のデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督最新作『アンダー・ザ・シルバーレイク』が10/13より公開。不気味な本編映像が解禁となりました。

物語の舞台は、セレブやアーティストなど多くのクリエイティブな若者が暮らすロサンゼルスのシルバーレイク。主人公は、仕事も夢もなく、人生に失望していたオタク青年サムです。そんな彼の隣の家に越してきた、サラという名の美女。ふたりの間に恋が生まれようとした矢先、突如彼女は失踪。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を発見します。サムはオタク知識を総動員してサラを探し出そうとしますが、次第にシルバーレイクの裏側に潜む陰謀に巻き込まれていくのです――。

今回解禁となったのは、暗闇の中でひたすら“何か”から逃げ惑うサムのシーン。誰もいない森の中を歩くサムが背後に“何か”の気配を感じ取り振り返ると、そこには仁王立ちする“人”のような影が……。

慌てて逃げるサムでしたが、行きついた先にも“何か”が立ちふさがり、恐怖を感じたサムは荷物を投げ捨て猛スピードで走り去る。木々の隙間に隠れ、息を潜めながら様子をうかがうサムだったが、その後ろには……!

“それ”に捕まると死が待ち受けるという監督の前作『イット・フォローズ』を彷彿とさせるこのシーン。今作には監督以外にも『イット・フォローズ』のスタッフ陣が集結。撮影監督には、長回しや360度回転など工夫を凝らした撮影方法で話題を集めたマイク・ジオラキス、さらに音楽には、不協和音な電子サウンドで観客の心を不安に乱したリッチ・ヴリーランドらが名を連ねます。

監督は、今作について「見た人たちが自分で考え、議論し、そして出来ればもう一度観てもらえるように意図的に作っている。本作には、たくさんの要素が隠れていて、人が見つけてくれるのを待っている」とコメント。

物語と新感覚の映像で独自の世界に没入させてくれるデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の、夢と現実・真実と虚構が入り交じる極上サスペンス、ぜひ体験してください。

作品概要

『アンダー・ザ・シルバーレイク』
10月13日(土) 新宿バルト9 他 全国順次ロードショー

監督・脚本:デヴィッド・ロバート・ミッチェル『イット・フォローズ』『アメリカン・スリープオーバー』
出演:アンドリュー・ガーフィールド『ハクソー・リッジ』『アメイジング・スパイダーマン』、ライリー・キーオ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ほか
原題:UNDER THE SILVER LAKE/2018/アメリカ/カラー/シネスコ/5.1ch/字幕翻訳:松浦美奈/配給:ギャガ
★公式HP:gaga.ne.jp/underthesilverlake  ★公式インスタグラム:underthesilverlake_japan

(C) 2017 Under the LL Sea, LLC

キーワード:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事