ホラー通信

映画

今度の脅威はネットの“闇” 全編PC画面ホラーの続編『アンフレンデッド:ダークウェブ』日本公開

2019.01.18 19:00 by

2015年公開のホラー映画『アンフレンデッド』の続編となる『アンフレンデッド:ダークウェブ』が日本公開決定! 待ってましたよ!!

前作の『アンフレンデッド』は、ネットいじめで自殺した少女の霊が、スカイプやSNSなどで友人たちを呪っていく斬新なホラー。全編PC画面上で展開し、身近なSNSが呪いに染まっていくさまにゾッとさせられました。

関連記事:SNSで呪い殺されるホラー『アンフレンデッド』本編映像 スカイプの向こうで動かなくなった彼女 いったい何が……

続編となる本作でも全編PC画面の手法はそのまま。今度はとある中古PCを手に入れた青年を主人公に、新たな物語が展開していきます。前の持ち主を知らないPC、そこには恐ろしい秘密が――。

監督は、『呪怨』のハリウッドリメイクシリーズである『THE JUON 呪怨』『呪怨 パンデミック』で脚本を務めたスティーブン・サスコ。出演陣には『ゲット・アウト』の家政婦役が強烈だったベティ・ガブリエルも名を連ねています。

『アンフレンデッド』と本作『ダークウェブ』で製作を務めたティムール・ベクマンベトフは、同じくPC画面で展開する映画として『Search/サーチ』(2018)を世に送り出しました。あちらもハラハラドキドキできる良作スリラーでしたが、『アンフレンデッド』シリーズはがっつりホラーテイストでキメてくれるはずですよ!

<ストーリー>
中古のパソコンを手に入れたマタイアス。早速起動し、様々なソーシャル・メディアを開くと、以前の所有者と思われる“Norah”というアカウント名が表示されていた。すべてを自らのIDに書き換えログイン、いつものように恋人アマヤや友人たちとSkypeで談笑しているなか、“UNTITLED”と書かれた隠しフォルダを見つける。そこには、鎖に繋がれ監禁された女性や、ドラム缶の中に捕われた者など悍ましい動画ファイルの数々が。これは一体…。とその時、見知らぬアカウントからメッセージが届く。「俺のPCを返せ。さもないとお前たちは死ぬ」。それは、逃げ場のない恐怖の幕開けであった。

作品概要

『アンフレンデッド:ダークウェブ』
監督・脚本:スティーブン・サスコ『THE JUON/呪怨』『呪怨 パンデミック』(脚本)
プロデューサー: ジェイソン・ブラム『ゲット・アウト』、ティムール・ベクマンベトフ『search/サーチ』
キャスト:コリン・ウッデル 『アンセイン ~狂気の真実~』、ベティ・ガブリエル 『ゲット・アウト』『パージ:大統領令』、レベッカ・リッテンハウス
アンドリュー・リース 『私とあなたのオープンな関係』『オリジナルズ』(TVシリーズ)、コナー・デル・リオ
2018年/アメリカ/93分/原題:UNFRIENDED: DARK WEB

キーワード:
この記事を読んだ人におすすめの記事 最新記事