ホラー通信

映画

シリアルキラー、12年間の“家”づくり。 ラース・フォン・トリアー最新作『ハウス・ジャック・ビルト』無修正で日本公開

2019.02.27 18:00 by

ゾッとするほど、魅力的。

『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『アンチクライスト』『ニンフォマニアック Vol.1/Vol.2』など、常にセンセーショナルな作品を世に送り出してきたラース・フォン・トリアー監督の最新作が日本上陸。シリアルキラーの軌跡を追う『ハウス・ジャック・ビルト』、6月14日より公開です。

物語の舞台は1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックがとあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭。そんな彼が“ジャックの家”を建てるまでの12年間の軌跡を、5つのエピソードを通して描きます。……決して普通の“家”では無さそうですね。マザーグースの同タイトルの歌にも関係があるのでしょうか。

アメリカでは、あまりの過激さにアメリカ映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許されるという事態に。日本ではなんと、無修正完全ノーカット版がレイティングR18+で上映です。

昨年のカンヌ国際映画祭での上映では、途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという賛否両論ぶりだったそう。

また、本作の原題は『The House That Jack Built』ですが、トリアー監督の「本作においては、タイトル自体とても重要で、それを変えることは映画そのものを変えてしまうことにもなりかねない」という意思によって邦題が決定されており、「ただし公用語に冠詞(the)や関係代名詞(that)を持たない国ではそれらを削除してもOK」という条件のもと、『ハウス・ジャック・ビルト』という邦題になっているとのことです。

作品概要

『ハウス・ジャック・ビルト』
6月14日(金) 新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町 ほか全国公開

監督/脚本:ラース・フォン・トリアー 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』、『ニンフォマニアック』ほか
出演:マット・ディロン、ブルーノ・ガンツ、ユマ・サーマン、シオバン・ファロン、ソフィー・グローベール、ライリー・キーオ、ジェレミー・デイビス

配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム
公式HP:HouseJackBuilt.jp
公式Twitter&Facebook:@HJB2019
全米公開:11月28日
原題:The House That Jack Built 

(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN

キーワード:
この記事を読んだ人におすすめの記事 最新記事