ホラー通信

日本映画

ほ、ほんとうに怖い“貞子”が帰ってきた…… 映画『貞子』戦慄の予告編解禁

2019.04.08 07:00 by

紛れもない、中田秀夫監督の“貞子”だ……。

『リング』シリーズ最新作にして、一作目の中田秀夫監督が再びメガホンをとる話題作『貞子』のポスタービジュアルと予告編が解禁となりました。

ポスタービジュアルで目を引くのは、今作の主人公・茉優を演じる池田エライザさんのギョッと見開いた大きな瞳。彼女がそれほどまでに驚くのも無理はありません、彼女の眼前には背後から忍び寄る“貞子”の手が……。

そして、みなさん気になっている今作での“貞子”の様子をお確かめいただけるお待ちかねの予告編がこちら。その姿が見えるだけでゾッとする、ほんとうに怖い貞子が帰ってきていますよ……。

シリーズ作『貞子3D』ではモンスターになったり、映画のプロモーションではお茶目なはっちゃけた姿を見せている貞子。しかしこの予告編を見る限り、今回の映画本編での貞子は、『リング』で多くの人のトラウマとなった“あの貞子”の様相を呈しているようです。

テレビに映った呪いのビデオの映像で、井戸から這い出てきて奇妙な歩き方でこちらへ向かってくる貞子。どんどん近付いてきて、そのあとはもちろん……アッ

映画『貞子』は5月24日より全国公開。震えて待て。

作品概要

『貞子』
5月24日(金)全国ロードショー
sadako-movie.jp

池田エライザ
塚本高史 清水尋也 姫嶋ひめか 桐山漣 ともさかりえ 佐藤仁美
原作:鈴木光司「タイド」(角川ホラー文庫刊)

監督:中田秀夫
脚本:杉原憲明 音楽:海田庄吾
主題歌:女王蜂「聖戦」(Sony Music Associated Records)

<あらすじ>
病院で心理カウンセラーとして働く茉優(池田エライザ)は、警察によって保護されたひとりの少女を担当する。一切の記憶をなくし、自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女のまわりで奇妙な出来事が起こり始めるー。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介(塚本高史)の薦めで動画クリエーターとなった、茉優の弟・和真(清水尋也)は再生回数の獲得に焦るあまり、心霊動画を撮ろうと、死者5人を出したある団地の火事跡に忍び込むが…

(C)2019「貞子」製作委員会 /配給:KADOKAWA

キーワード:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事