ホラー通信

TV/ドラマ/配信映画

デジタルネイティブ世代とアナログ派がゾンビ・サバイバル! 韓国ゾンビ映画『#生きている』Netflixで独占配信

2020.08.25 17:00 by

続編『PENINSULA(原題)』の日本公開も決まった『新感染 ファイナル・エクスプレス』、ゾンビコメディ『感染家族』、ドラマ『キングダム』と、韓国ゾンビものがホットな昨今、新たな注目作が日本上陸。韓国で大ヒットしたゾンビ・ムービー『#生きている』が、Netflixにて9/8より独占配信開始。スリリングな冒頭シーンを切り取った予告編映像が解禁となった。

韓国ソウル近郊で突如として発生した、人々がゾンビ化する謎のウイルス感染。電話は通話不能、インターネットも通信不能という過酷な状況下で、ゾンビの大群はパニック状態に陥った街へ襲いかかっていく。事態に巻き込まれたゲームオタク青年オ・ジュヌは、生き残るためにマンションの部屋に閉じこもり、必死のサバイバルを開始することに。状況を知る唯一の手がかりはテレビのニュースと窓から見える景色だけ。壮絶な状況の中、VR機器やドローン、SNSを使いこなすデジタルネイティブ世代のオ・ジュヌと、向かいのマンションの女性で、斧やロープなどのキャンプツールを駆使するアナログ派のキム・ユビンは、協力して絆を深め、この絶望的な状況から抜け出すべく画策する。

オ・ジュヌを演じるのは『王の運命 -歴史を変えた八日間-』『バーニング 劇場版』のユ・アイン。オ・ジュヌとは対照的なアナログ女性キム・ユビンを演じるのは『7番房の奇跡』『沈黙、愛』の人気女優パク・シネ

解禁となった予告編では、突如ゾンビが街中に溢れ、パニックが一気に広がっていく様子を映した冒頭シーンを観ることができる。学校をサボってオンラインゲームに興じていたオ・ジュヌは、ゲーム仲間からボイスチャットで外の異常を知らされる。マンションの窓から外を見下ろすと、そこには逃げ惑う人々の姿が。そして、混乱の中で母を探す少女が、突如変貌し、再会した母に喰らいつく衝撃的な姿を目撃するのだった。

Netflix映画『#生きている』
9月8日(火)より独占配信開始

キーワード:
最新記事