ホラー通信

映画

こだわりのポージング。 『デッド・バイ・デイライト』“ヒルビリー”のスケールフィギュアがコトブキヤから登場

2020.12.10 19:00 by

ホビーメーカー「コトブキヤ」から、人気ホラーゲーム『DEAD BY DAYLIGHT』のスケールフィギュアが登場。第一弾のトラッパーに続く第二弾は、チェーンソーを持った殺人鬼ヒルビリーでございます。2021年7月の発売に向けて予約受付がスタート、直営店購入特典も発表されています。

大きさは全高約225mm。「コトブキヤ」の「BISHOUJO」シリーズと並べてもちょうどいいサイズ感になっているとのこと。発売されたばかりの「レザーフェイス美少女」と並べるのもいいですね。

それではお写真を見ていきましょう!

このポージングを見てほしい

まずは全体の佇まいをご覧ください。

\ドン/

\ドン/

\ドドン/

ヒルビリー、走っております。足を引きずりながら走っております。この“足の引きずり”感がこだわりポイント。足の引きずりによるあの独特のリズムの走り方が脳内再生されてしまいますね。

正面が最高なのはもちろんのこと、横から見ても最高なので飾る向きに悩みます。いっそ回転台に乗せようか。

“口の中”の質感までこだわりました

一度見たら忘れられない尊いお顔もこのクオリティ。ヒルビリーと言えばこの“ギューン顔”と、ほのかにユルさを感じる可愛らしい口元がチャームポイントですが、口の中がテラっと光っているのがお分かりでしょうか。口の中がテラテラしているだけで、なんとも生命感が溢れ出てくるじゃありませんか。

一方で、着ているタンクトップがしっかり布っぽい質感になっているのも素晴らしい。通気性がよく快適なワッフル地を思わせます。まあ大部分が破れてるので通気性も何もありませんが。

大きく曲がった背骨も特徴的なヒルビリー。お肌は乾燥していそうですが、背骨は血でテラテラと光り輝いております。

照明が変わると、この質感の差が映えますね! 映画のワンシーンのようです。

腰骨のラインを強調するような位置にあるヒモもなんともセクシー。どういうつもりで巻いているヒモなのか、それはヒルビリーのみぞ知る。

細部まで完全再現した武器

片手にハンマー、片手にチェーンソーのヒルビリー。ハンマーは釘の本数と位置まで完全再現し、少し浮いている釘のディテールまで作り込んだそうです。

チェーンソーは古めかしい金属感、長年使い込んだ錆つきや、もう落とすことができないほど染み付いた血の感じがリアル。刃にはついたばかりの新鮮な血がついてますけどね……。

台座は「コールドウィンド・ファーム」

台座はもちろん、ヒルビリーのお膝元、「コールドウィンド・ファーム」をイメージ。さり気ない存在感でヒルビリーの世界観を引き立てます。

コトブキヤショップ購入特典は「工具箱」

メーカー「コトブキヤ」の直営店、コトブキヤショップでの購入特典として、サバイバーのアイテム「工具箱」が付属。キラー的には憎たらしいアイテムですが、とても可愛らしく再現されております。叩き落としたれ。

「DEAD BY DAYLIGHT ヒルビリー」は現在コトブキヤショップおよびお取扱店にて予約受付中。ちなみに、第3弾としてレイスの発売も決定しているそうなので、今からレイス貯金もしておきましょう!

商品名:DEAD BY DAYLIGHT ヒルビリー
発売月:2021年7月
販売価格:¥17,380(税込み)
https://www.kotobukiya.co.jp/product/product-0000003965/

(C) 2020 Behaviour Interactive Inc. All rights reserved.

キーワード:
最新記事