ホラー通信

映画

海なんか来るんじゃなかった…… 『海底47m』製作陣のサメ映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』7月公開

2022.04.28 18:00 by

『海上48hours ―悪夢のバカンス―』(原題:SHARK BAIT) ポスター

『海底47m』シリーズの製作陣による新たなサメ映画『海上48hours ―悪夢のバカンス―』(原題:SHARK BAIT)が、7月22日より日本公開。ポスタービジュアル、場面写真、予告編が一挙に解禁となった。

ストーリーは、浮かれた若者たちが、壊れた水上バイク一台でホホジロザメが潜む海に取り残されるというもの。

アメリカの大学生がもっとも羽目を外すスプリングブレイク(春休み)。メキシコのビーチで、男女の大学生5人組がテキーラを浴びてバカ騒ぎしていた。彼らは停められていた2台の水上バイクを勝手に乗り回し、衝突事故を起こして一台を大破させてしまう。残ったバイクはエンジンが故障しており、5人は遥か海上沖を漂うことになる。しかも、仲間のひとりが足に大けがを負ったうえ、助けを呼ぼうにも携帯の電波は届かず、そんな中で浮気までもが発覚。そして、大海原を漂うパニック状態の彼らをさらなる危機が襲う……。

予告編では、楽しいバカンスがこれでもかと詰んでいくさまを見ることができる。最初のテンションからの落差がなんとも不憫(自業自得だけど)。最後を締めくくる「海なんか来るんじゃなかった」というフレーズは、『処刑山 デッドスノウ』の「海へ行けばよかった…」へのアンサーかな?

監督を務めるのは、『海底47m』『海底47m 古代マヤの死の迷宮』でセカンドユニット監督を担当したジェームズ・ナン

『海上48hours ―悪夢のバカンス―』
7月22日(金) 新宿バルト9他 全国ロードショー

監督:ジェームズ・ナン
出演:ホリー・アール ジャック・トゥルーマン キャサリン・ハネイ マラキ・プラー=ラッチマン トーマス・フリン
配給:ギャガ
原題:SHARK BAIT/2022年/イギリス/カラー/シネスコ/5.1chデジタル/85分/字幕翻訳:牧野琴子

『海上48hours ―悪夢のバカンス―』場面写真
『海上48hours ―悪夢のバカンス―』場面写真
『海上48hours ―悪夢のバカンス―』場面写真

© Vitality Jetski Limited 2021

キーワード:
最新記事