ホラー通信

映画

『屋敷女』監督コンビによる酸欠必至の水中ホラー『ザ・ディープ・ハウス』9月公開 “湖の中の恐怖屋敷”を描く

2022.07.06 18:00 by

『屋敷女』『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』を手掛けたジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ監督コンビの新作『ザ・ディープ・ハウス』が9月16日より日本公開されることが決定。ポスタービジュアルが解禁された。

世界各地の廃墟などをアップしているYouTuberカップルのティナとベンは、登録者数を増やすべく、フランス郊外の湖に沈められた“いわくつきの屋敷”を撮影しようと試みる。屋敷内を探索・撮影するなかで、次々と不思議な現象や幻影が襲いかかり、危険な雰囲気を察知した二人は屋敷から出ようとするが、いつの間にか出口が塞がれていた――。

カップルのティナとベンを演じるのは、トップモデルのカミーユ・ロウと、ミック・ジャガーの子息としても知られるジェームズ・ジャガー

リアルな描写のために撮影は水中にセットを組んで行われ、本編の約70%が水中シーンになるという。思わず息が詰まりそうだが、鑑賞中は呼吸をお忘れなく!

『ザ・ディープ・ハウス』
9月16日(金)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー

監督・脚本:ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ 『屋敷女』『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』
製作:クレマン・ミゼレ、マチュー・ワルテル、フレデリック・フィオール、エリック・タヴィティアン、ジーン=チャールズ・レヴィ
製作総指揮:ルイ・レテリエ『トランスポーター』、ネイト・ボルトン、マキシム・コットレイ『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』、ナタン・ボーキン
キャスト:ジェームズ・ジャガー『アウトポスト』、カミーユ・ロウ「インベージョン」、エリック・サヴァン『CAGED -監禁-』、アレクシス・セルヴァース、アン・クレサン。キャロライナ・マッシー

2021年/フランス・ベルギー/英語・仏語/85分/スコープサイズ/原題:THE DEEP HOUSE/映倫区分:G
配給:インターフィルム

(C) 2020 -RADAR FILMS –LOGICAL PICTURES –APOLLO FILMS –5656 FILMS. All Rights Reserved.

キーワード:
最新記事