left
right

ホラー通信

史上最高に無力なシュワちゃんはゾンビになった娘を殺せるか? ――異色ゾンビ映画『マギー』予告編

ゾンビ映画輸入 2015.12.26 00:09by

先日、日本公開決定の第一報をお届けした映画『マギー』、アーノルド・シュワルツェネッガーがインディペンデントのゾンビ映画でまさかの製作&主演ということで、多くの人が「えっ!? あのシュワちゃんが?」と驚きの反応を見せました。シュワルツェネッガーは、ゾンビウイルスが蔓延する近未来で、アビゲイル・ブレスリン演じる娘がウイルスに感染し、“娘として守るか、ゾンビとして殺すか”の判断を迫られ苦悩する父親を演じます。

関連記事:世界は救えてもゾンビになった娘は救えない―― シュワルツェネッガーが製作&主演する『マギー』日本公開決定

このたび解禁となった予告編では、無情にもゾンビ化が進行していく娘の姿、ゾンビ化した人間のあまりにも凶暴な姿が明らかになり、シュワルツェネッガーの悲痛な表情が胸を刺す切ない仕上がりになっています。かつて多くのアクション映画で力ずくで困難を打破してきたシュワルツェネッガーが、ここまで無力な姿を見せる『マギー』。果たして、一体どんな結末を迎えるのでしょうか。一筋の希望があることを願ってやまないのですが……。

映画『マギー』は2016年2月6日、ヒューマントラストシネマ渋谷他にてロードショーです。どうぞ、お楽しみに。

『マギー』
監督:ヘンリー・ホブソン
出演:アーノルド・シュワルツェネッガー/アビゲイル・ブレスリン/ジョエリー・リチャードソン
2015 年/アメリカ/95 分/原題:MAGGIE/カラ―/ドルビーデジタル/シネマスコープ/G/配給:ポニーキャニオン
www.maggie-movie.com[リンク]
(C) 2014 Maggie Holdings, LLC.All Rights Reserved.

タグ:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事