ホラー通信

映画

あれから10年――“ゾンビ社会を生き抜くルール”が大増量! 『ゾンビランド:ダブルタップ』日本公開

2019.08.20 18:10 by

『ショーン・オブ・ザ・デッド』と並んで人気を誇る、愛されゾンビコメディ『ゾンビランド』がカムバック! 前作の10年後を描く続編『ゾンビランド:ダブルタップ』が11月22日より日本公開。

2009年、地球は爆発的なウィルス感染により人類はゾンビと化し、数少ない生き残りの1人であるアメリカ・テキサス州の生存者、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は「生き残るための32のルール」を作り、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ブレスリン)ら仲間と共に、明るくゾンビ社会を生き抜いていた――あれから10年。2019年の地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはさらに進化を遂げていた! なんだかんだで“ファミリー”の4人は、さらにパワーアップさせた73!?のルールで、生き残りを賭ける!

日本公開情報と併せて解禁となった予告編では、武器を片手に激しく楽しくゾンビをなぎ倒していく4人の姿が描かれる。新たなサバイバーと思われる女子も登場、なぜかプレスリー化したタラハシーも暴れまくっている。

前作に続き、監督はルーベン・フライシャー、脚本はレット・リース&ポール・ワーニックが続投。前作以降、フライシャー監督は『ヴェノム』を、リースとワーニックは『デッドプール』の脚本を手掛け、それぞれに大出世しながらも、『ゾンビランド』で再び集結することとなった。パワーアップ間違いなしの続編をどうぞお楽しみに!

『ゾンビランド:ダブルタップ』
11月22日(金)<ゾンビ深まる季節に>全国ロードショー
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

キーワード:
この記事を読んだ人におすすめの記事 最新記事