ホラー通信

映画

「目が異様に大きな女、つかまったら死ぬ」 乙一が監督を務める都市伝説ホラー『シライサン』予告編解禁

2019.09.18 10:00 by

小説家・乙一として知られる安達寛高が脚本・監督を務める完全オリジナルホラー『シライサン』が2020年1月10日より公開。予告編とポスタービジュアルが解禁となった。

“その名“ を知った者のもとに現れ、目をそらしたら殺されてしまうという都市伝説の怨霊“シライサン”を描く本作。眼球破裂と心不全による不審死。親友の死と弟の死に疑問を抱いた瑞紀(飯豊まりえ)と春男(稲葉友)は二人で事件を調べていくうちに、恐ろしい“シライサン”の呪いに巻き込まれてしまう。

予告編では、“シライサン”についての様々な証言が語られている。


「目が異様に大きな女、つかまったら死ぬ」
「女はこう言うんだ、“私を知ってるやつを追いかける。そして殺すんだ”」
「見ている間は近づいてきませんから、そいつから目を離さないで」

どこからともなく感じる視線、通り過ぎる影、誰かがいるかのような気配。シライサンに呪われた人々は、日常のなかに忍び寄るその存在に怯え、逃れられない死の恐怖に錯乱し、極限状態に追い込まれていくという。

『シライサン』
2020年1月10日(金)全国公開

キーワード:
この記事を読んだ人におすすめの記事 最新記事