ホラー通信

映画

自分がスゴすぎてびっくりだ! AIの力で超人になった男を描く『アップグレード』驚異的アクションシーン解禁

2019.09.24 18:00 by

ホラーの名プロデューサー ジェイソン・ブラムが製作し、『ソウ』『インシディアス』脚本・出演のリー・ワネルが監督を務めるハイディメンションSF『アップグレード』より、すごすぎて思わず笑いがこみ上げる驚異的なアクションシーンが解禁。

本作は、謎の組織によって妻を殺され、自身は全身麻痺となってしまった男・グレイが、体に埋め込んだAI(人工知能)チップの力で全身麻痺を克服し、人間を超越した身体能力を手に入れる物語。グレイはその超人的な力を駆使して、殺された妻の復讐を果たそうと試みる。

解禁となったのは、グレイがAIチップ“STEM”を体に埋め込んでから初めて戦闘アクションを繰り広げるシーン。


妻を殺した謎の組織を追い始めた矢先に、男に捕まり首を絞められ、窮地に陥ったグレイ。汗をにじませ必死な様相のグレイに、AIチップ“STEM”は大変おだやかな声で「私が単独で動く許可を」と提案する。OKをもらった瞬間、“STEM”に体を操られたグレイの恐るべき猛反撃がスタート!

常人にはあり得ない動きで起き上がり、一切力みの見えないスマートな動きで相手をぶちのめしていくグレイ。動きこそスマートだが、本人は自分の驚異的な能力に動揺を隠せず、表情と体の動きがチグハグ。必死なグレイと常時冷静な“STEM”との会話もユーモラスだ。

『アップグレード』
10月11日(金)より渋谷シネクイント、新宿シネマカリテほか全国公開
配給:パルコ 宣伝:スキップ

(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS

キーワード:
この記事を読んだ人におすすめの記事 最新記事