ホラー通信

映画

ネット荒らしで調子こいてたら両手に拳銃を固定されました。 ラドクリフ主演『ガンズ・アキンボ』ハイテンションな予告編

2020.12.04 23:05 by

両手に拳銃を固定され、デスゲームに強制参加させられる主人公をダニエル・ラドクリフが演じるトンデモ映画『ガンズ・アキンボ』が2021年2月26日より公開。ハイテンションな予告編が解禁となった。

ラドクリフが演じるのは、他人への挑発的なクソリプを送りつけるなど、ネット荒らしで日常の憂さを晴らしていたクソ男・マイルズ。しかし、ガチのデスゲーム(殺し合い)を配信するサイト「スキズム」で荒らしをしまくったがために、運営の怒りを買ってしまう――。意識を失ったマイルズが目を覚ますと、両手に拳銃を固定され、デスゲームの参加者にされてしまうのだった。

予告編では、マイルズの堕落した日常が一変し、過激なデスゲームに巻き込まれていく様子を見ることができる。マイルズが対峙するのは、『レディ・オア・ノット』『ザ・ベビーシッター』のサマラ・ウィーヴィングが演じる最強の殺し屋ニックス。ギラギラとした目つきで「脳ミソ吹っ飛ばす(ハート)」と言い放つ、かなり気合の入った彼女のキャラにもご注目だ。勝てる気がしない。


予告編のナレーションを務めるのは、『ハリー・ポッター』シリーズ、『スイス・アーミー・マン』など数々の作品でラドクリフの吹き替えを務めてきた声優・小野賢章。スピード感溢れる予告編を締めくくる、ハイテンションな「ガンズ・アキンボーーーーーーー!」の絶叫に、見ているこちらのテンションまで上がってくるようだ。

ムビチケカード(前売り券)を購入すると、特典としてマイルズの姿があしらわれた“アキンボ”手ぬぐいが付属。手ぬぐいを首に巻き、マイルズを応援するつもりで劇場へ出掛けよう!

『ガンズ・アキンボ』
2021 年2月 26 日(金)、TOHO シネマズ 日比谷ほか全国公開

キーワード:
最新記事