ホラー通信

映画

“抜け出せない住宅地”で子育てを強要されるスリラー映画『ビバリウム』 トラウマ級の予告編

2020.12.24 18:00 by

新居探しの内見が一転、悪夢の子育て生活の始まりとなるラビリンス・スリラー『ビバリウム』が2021年3月12日より公開。ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

予告編では、主人公カップル(ジェシー・アイゼンバーグ、イモージェン・プーツ)が過ごすことになる“奇妙な住宅地”の様子や、彼らが異様な生活の中で精神が崩壊していく様を見ることができる。

予告編は、トムとジェマが内見のために「ヨンダー」という住宅地に案内されるシーンから始まる。そこはまったく同じ住宅がズラリと立ち並ぶ、やけに整然とした場所であった。案内された“9番”宅を気に入った二人だったが、案内人マーティン(ジョナサン・アリス)を気味悪がり、帰ろうとする。しかし、車をいくら走らせても、“9番”宅の前に戻ってきてしまう――。屋根にのぼったトムは、この奇妙な住宅地が無限に続いてる景色を目撃し、ここから抜け出せないことを悟る。やむなくここでの生活を始めた二人のもとに、ダンボール箱に入った赤ん坊が届けられる。箱には「育てれば解放される」とあり、二人は不本意な子育てを始めることとなる。子供は異様なスピードで成長するが、テレビで流れる不気味な映像を凝視したり、奇声を発したりと、どこまでも奇妙。精神崩壊寸前の二人は、家を燃やすなどしてなんとか誰かに自分たちの存在を知らせようとするのだが……。

殺人鬼もクリーチャーも出てこないが、何もかもが異常で無機的な世界観がトラウマ級の恐ろしさを醸す予告編となっている。

『ビバリウム』
2021年3月12日(金)、TOHO シネマズシャンテ他全国公開

監督:ロルカン・フィネガン 脚本:ギャレット・シャンリー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、イモージェン・プーツ、ジョナサン・アリスほか
2019|ベルギー・デンマーク・アイルランド|英語|98分|シネマスコープ|原題:VIVARIUM|字幕翻訳:柏野文映|R-15
提供:パルコ、オディティ・ピクチャーズ、竹書房 配給:パルコ 宣伝:スキップ

キーワード:
最新記事