ホラー通信

映画

感動するほどリアル! ARTFX「レザーフェイス」フィギュアが登場 『悪魔のいけにえ』劇中ポーズも再現可能

2021.02.18 22:30 by

体温や吐息を感じられそうなほど、リアルなやつです。

コトブキヤのARTFXシリーズから、ホラー映画『悪魔のいけにえ』(1974) のアイコン的存在、“レザーフェイス(ババ・ソーヤー)”のハイクオリティなフィギュアが登場。発売は2021年7月を予定、確実に入手できる予約受付がスタートしています。

ガンナー・ハンセンが演じた映画一作目のレザーフェイスを細部に至るまで再現したこのアイテム。無可動フィギュアのようなハイクオリティ&リアルな造形でありながら、体の一部に可動機構が組み込まれており、ポージングを変化させて飾れるようになっております。

大きさは1/6スケールで全高約320mmと、存在感たっぷりなサイズも嬉しい。価格は¥23,100(税込)。ちょっと腹筋に力が入るお値段ですが、「むしろこの値段で大丈夫か?」と思うくらい一体一体丁寧に作られております。

ディテールをご紹介していきましょう。

まずは全身をぐるりと一周ご覧ください。やや腰が引けたポージングから醸し出される人間味。単に外見を再現したのではなく、ガンナーさんの佇まいや演技までもが再現されています。

本編の背景と組み合わせた画像がこちら。映画のワンシーンと見紛うばかり。

映画で印象的な、窓辺に座るレザーフェイスがアップになるシーンの再現写真。人皮マスクからのぞく口元の似てること似てること。

ポーズ変更できるんです

頭部と左肘がこのように可動します。可動機構が目立たないようになっているこだわりのつくり。可動フィギュアは楽しいけど、仰々しい関節がどうしても気になっちゃう方にも嬉しい。

頭部と腕を動かし、スターターロープの伸びたチェーンソーを持たせることで、チェーンソーをギュインギュイン言わすレザーフェイスも再現できます。このポーズだと可愛い末っ子感が薄まり、仕事に励む職人の趣。かっこいいですねえ!

細部のこだわりが狂気の沙汰

人皮マスクにやや透明感があるのがお分かりでしょうか。劇中と同じく“日差しに透ける薄さ”を再現するため、他の部分とは素材を変え、軟質レジン素材を使用。マスクの紐部分も本物の糸を使用し、手作業で縫い合わせているそう。睫毛の植毛も一体一体行うとのこと。そこまでやる?

また、シャツのストライプの本数まで劇中と揃えたとのことで、メーカーの方もソーヤー家並に狂気がほとばしっているな……と思わずにはいられません。個人的にはたくましい腕を彩る腕毛を模したディテールもグッときました。撫でたい。

お尻と足元も見てほしい。本当にテキサスに行ってきて砂埃の上に座らせてきたのでは?と思うような汚れ塗装が驚愕のクオリティです。

台座には、映画冒頭のテロップとスチール写真があしらわれております。台座は鉄板になっており、レザーフェイスの足裏のマグネットでバチッとくっつきますので、お好きなポーズで、且つ安定感もばっちりに飾っていただけます。

メーカーさん入魂の特別動画もどうぞ。黄色文字のテロップや不快感を煽るサウンドトラックを再現し、フィギュアの魅力を紹介しております。凝りすぎ。


いやー、このクオリティで2万円台なら安い気がいたしますよ。

発売は7月ですが、確実に手に入れたい方はぜひご予約を。コトブキヤオンラインショップにて予約受付中です。

ARTFX レザーフェイス -悪魔のいけにえ(1974)-
作品名:悪魔のいけにえ
発売月:2021年7月
価格:23,100 円(税込)
サイズ:全高/約320mm

オンラインショップ商品ページ:https://shop.kotobukiya.co.jp/shop/g/g4934054024315/

The Texas Chainsaw Massacre (C) 1974 Vortex, Inc./Kim Henkel/Tobe Hooper. All Rights Reserved.

キーワード:
最新記事