ホラー通信

映画

延期されていた映画『ザ・スイッチ』新公開日が4月9日に決定 女子高生と殺人鬼の体が入れ替わるホラーコメディ

2021.02.25 08:00 by

みなさまお待ちかね。

気弱な女子高生と、連続殺人鬼の中年男性の体が入れ替わってしまうホラー映画『ザ・スイッチ』の新たな公開日が4月9日に決定した。本作は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、1月15日の公開が延期されていた。

新たな公開日が入った予告編はこちら。

監督は『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン。製作はホラー作品に定評のあるブラムハウス・プロダクションのジェイソン・ブラムが務める。

主人公の女子高生ミリーを演じるのは『名探偵ピカチュウ』『スリー・ビルボード』のキャスリン・ニュートン。地味で気弱な女子高生が、連続殺人鬼に体を乗っ取られたことで、強気で妖艶な美女に変身するさまを好演している。連続殺人鬼ブッチャーを演じるのは、リメイク版『サイコ』でノーマン・ベイツ役を務めたヴィンス・ヴォーン。多数のコメディ映画に出演し、ユーモラスな演技もお手の物のヴォーンは、中年殺人鬼の体になってしまった女子高生をコミカル且つ魅力的に演じ、第一回Critics Choice Super Awardsにてホラー映画部門最優秀男優賞を受賞した。そのほか、ミリーが元の体に戻るのを手助けするキュートな親友ふたりを、セレステ・オコナー、ミーシャ・オシェロヴィッチが演じている。

『ザ・スイッチ』
2021年4月9日(金)全国ロードショー
theswitch-movie.jp

監督:クリストファー・ランドン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ヴィンス・ヴォーン、キャスリン・ニュートン、アラン・ラックほか
配給:東宝東和/原題:Freaky /全米公開:2020年11月13日(金)

(C) 2020 UNIVERSAL STUDIOS

キーワード:
最新記事