ホラー通信

映画

恐るべき“秘密”を持った盲目老人、再び。 大ヒットホラーの8年後を描く続編『ドント・ブリーズ2』8月公開

2021.07.01 14:05 by

2016年に公開され、日本でも大ヒットを記録した『ドント・ブリーズ』の続編、『ドント・ブリーズ2』が8月13日(金)に日米同時公開決定。併せて予告編が解禁となった。

前作では、盲目の老人が住む屋敷に強盗に押し入った若者たちが、殺人マシーンと化した老人の手によって思わぬ反撃に遭う様を描いた。異常な老人の恐るべき“秘密”も強烈なインパクトを放っていた。あれからあの老人はどうしていたのだろうか? 続編では、一作目から8年後が舞台となる。

この度解禁された予告編では、目を疑うような光景が切り取られている。あの盲目の老人は、8年前の惨劇が起こった屋敷で、“少女”を大切に育てていたのだ。誰にも邪魔されないよう静かに暮らす老人だが、彼の少女に向ける表情には、何らかの事情と不気味さを窺わせる。そんな中、謎の武装集団が屋敷へ足を踏み入れ、少女に近づく。そのとき、老人の狂気が目を覚まし、激しい反撃を繰り広げる。なぜ老人は、その少女に異常なまでに固執するのか? そこにはどんな真実が隠されているのか……。

監督を務めるのは、前作でフェデ・アルバレス監督と共に脚本を手掛けたロド・サヤゲス。またフェデも引き続き共同脚本・製作として名を連ねている。フェデは最新作について「前作とは大きく異なるアプローチの“まるで違った続編”」と言及。更に前作に続きプロデューサーとして参加しているサム・ライミも、「今まで聞いた中で、最高の続編のアイデア!」と絶賛している。また、“盲目の老人”役を続投するスティーヴン・ラングも、「前作と大いに親族関係にあるが、多くの意味で独自の代物だ」と自信を見せている。

『ドント・ブリーズ2』
8月13日(金)全国ロードショー

監督:ロド・サヤゲス
脚本:フェデ・アルバレス/ロド・サヤゲス
製作:フェデ・アルバレス/サム・ライミ/ロブ・タパート
出演:スティーヴン・ラング/ブレンダン・セクストン 3 世/マデリン・グレース
原題:DON’T BREATHE 2

最新記事