ホラー通信

映画

奇妙な卵から生まれた“それ”が、“理想の家族”の仮面を剥ぐ。 北欧発のイノセントホラー『ハッチング―孵化―』4月公開

2022.02.02 18:00 by

フィンランド発のイノセントホラー『HATCHING(英題)』が、邦題『ハッチング―孵化―』として4月15日より日本公開されることが決定。ポスターと予告編が併せて解禁となっている。

本作は、少女が孵化させた奇妙な卵が、“理想の家族”を取り繕う主人公一家のおぞましい真の姿を暴き出していくというストーリー。

北欧・フィンランドのとある一家。母親は、完璧で幸せな家族の動画を世界へ発信することに夢中になっていた。12歳の娘ティンヤは、そんな母を喜ばせるために全てを我慢し、自分を抑え、体操の大会優勝を目指す日々を送っている。ある夜、ティンヤは森で奇妙な卵を見つける。家族にはその存在を秘密にしながら、その卵を自分のベッドで温めるティンヤ。やがて卵は大きくなり、遂には孵化。卵から生まれた“それ”は、幸福な家族の仮面を剥ぎ取っていくのだった。

予告編では、母親が発信する“素敵な家族”と現実のギャップ、そして少女が育てる卵の様相を見ることができる。少女の苦悩が深まっていくのと比例するように、巨大に育っていく卵。そして、卵の孵化をきっかけに、様々な恐ろしい事件が起こり始める。

母親のために自分を抑制する少女・ティンヤを見事な表現力で演じきったのは、1200人のオーディションから選ばれたシーリ・ソラリンナ。娘を所有物のように扱う自己中心的な母親役を、フィンランドで多くの作品に出演するソフィア・ヘイッキラが演じる。メガホンをとるのは、今回が長編デビュー作となる注目の新鋭監督ハンナ・ベルイホルム

本作は、今年1月下旬に開催されたばかりのサンダンス映画祭でプレミア上映されたばかり。フィンランド本国での公開を3月に控えている。

『ハッチング―孵化―』
4月15日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテ他にて全国順次ロードショー

キーワード:
最新記事