ホラー通信

映画

廃団地にうごめく狂気…… 考察型ホラー映画『N号棟』4月公開 不気味なポスター解禁

2022.02.10 08:00 by

荻原みのり主演、後藤庸介が監督を務めるホラー映画『N号棟』の公開日が4月29日に決定。ポスタービジュアルが解禁された。

ポスタービジュアルは、仄暗い廃団地の壁面を全面に配し、ひっそりと窓辺に佇む赤い服の女性が不気味な印象を与えるデザインとなっている。

本作は、2000年に岐阜県で起きた、とある団地に住む複数の住人が怪奇現象を体験したという“幽霊団地事件”からインスパイアされて制作された。マスコミや霊能者が押し寄せ、大きな騒動になりながらも、突如収束していったというこの事件を、監督独自の解釈でストーリーに落とし込んだ“考察型”のホラー映画となっている。

ストーリーは、かつて「霊が出る」という噂された廃団地に、大学生・史織とその友人らが訪れ、不可解な出来事に巻き込まれていくというもの。廃団地のはずが、そこには何故か数多くの住人たちがおり、そのひとりが突如飛び降り自殺をしても、他の住人たちは顔色ひとつ変えない。激しいラップ現象が起き、また住人が自殺をする。さらに、住人たちは怯える若者を仲間にしようと巧みに誘惑してくるのだった。友人たちが洗脳されるなか、追い詰められた史織は、驚くべきものを目撃する。

本作について、キャストの山谷花純、倉悠貴、筒井真理子からコメントが到着。史織の友人・真帆を演じた山谷花純は、本作の奇妙な廃団地を「生と死の間に誕生した世界がN号棟だと思います」と表現。友人・啓太を演じた倉悠貴は、「人間の不気味さや狂気、集団心理、思想、生と死など、撮影をしながらよく考えさせられました」と撮影時の心境を明かしている。(コメント全文は記事の最後に掲載)

また、本作の公開規模の拡大に向けて、サポートを募るクラウドファンディングが実施されている。リターンはエンドロールへの名前掲載やキャストのサイン入りアイテムなど。詳細は、公式ページにてお確かめを。

『N号棟』
4月29日(金・祝)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

映画公式サイト:https://n-goto.com/
クラウドファンディングページ(motion gallery):https://motion-gallery.net/projects/n-goto

キャスト コメント

<真帆役・山谷花純 コメント>
私が演じさせて頂いた真帆は、みのりちゃん演じた史織と真逆な女性でした。何に対しても疑問を抱かず、すんなりと受け入れてしまう。高く着飾っているだけで、本当は凄く幼い心を持っている人なんだろうなって演じながら感じました。生と死の間に誕生した世界が N 号棟だと思います。死を肯定するのではなく、閉鎖的な空間の中だからこそ崇められた特殊な死の価値観。観てくださる方々の心にそっと冷たい風が吹いたら良いなと願っております。

<啓太役・倉悠貴 コメント>
撮影をしているはずなのに、皆何かに取り憑かれているような、不思議な体験をしたのを覚えています。人間の不気味さや狂気、集団心理、思想、生と死など、撮影をしながらも自分もよく考えさせられました。この映画はホラーというジャンルに括れないと思います。是非、ご覧いただければと思います。

<加奈子役・筒井真理子 コメント>
この映画は後藤監督の死生観が凝縮した、ホラーでありながら「生きることと死ぬこと」への祈りのような作品だと思っています。加奈子が巻き起こす混乱が、死の恐怖を抱える主人公・史織の心を揺さぶります。家族の問題を突きつけられた主人公を、萩原みのりさんは、その内面のすべてを丸抱えしてリアルに体現していました。撮影現場での萩原さんの追い込まれた姿には現実と虚構の世界が混ざり合い、それを乗り越えようと真に迫りくるものがありました。加奈子が史織を抱きしめるシーンでは、私は萩原さんを心から加奈子として抱き締めていました。それはとても幸せで清々しい瞬間でした。史織を生きる萩原さんの演技をぜひ大きなスクリーンでご覧いただきたいです。

キーワード:
最新記事