ホラー通信

NEWS 映画

その車には、絶対に乗ってはいけない 2ちゃんねる“洒落怖”の怖い話を映画化した『ヒッチハイク』7月公開

2023.04.12 by

2ちゃんねるのオカルト板「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?」(=洒落怖)に投稿された怖い話を映画化した『ヒッチハイク』が7月7日より公開。ティザービジュアルとキャストからのコメントが解禁されている。

ベースとなった怪談話「ヒッチハイク」は、ヒッチハイクでの日本横断を試みた二人の若者が、山奥で恐ろしい狂気の一家のキャンピングカーに乗ってしまうというもの。今回の映画では、主人公らと同じ山でヒッチハイクをしていた二人の女子大生のキャラクターが加わっている。

監督は、『コープスパーティー』シリーズの山田雅史。脚本は『きさらぎ駅』の宮本武史が担当する。主人公の健を演じるのはダンスボーカルユニット「原因は自分にある。」の大倉空人。健とともにヒッチハイクをする悪友の和也を平野宏周が演じる。また、ハイキングの帰りに道に迷い、健たちと同じ山でヒッチハイクをしていた大学生役として中村守里と高鶴桃羽が共演する。

『ヒッチハイク』
7 月 7 日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

監督:山田雅史 脚本:宮本武史
製作:BBB/ニューセレクト
配給・宣伝:アルバトロス・フィルム 宣伝協力:ブラウニー

<ストーリー>
大学生の涼子と茜は、ハイキングの帰りに山道で迷ってしまう。やっとバス停に辿り着いたものの、バスが来る気配は全く無かった。さらに、涼子は足を怪我しており、茜の彼氏も飲み会で迎えに来られないらしい。ふたりは、意を決してヒッチハイクをすることに。こんな山奥で無謀にも思えたが、運良く一台のキャンピングカーが停まる。運転席から降りて来たのは、時代錯誤のカウボーイの格好をしたジョージと名乗る男。ジョージは快くふたりを受け入れ、車内へと誘う。そこには、ジョージの家族も同乗していたが、どこか異様な雰囲気が漂っていた―。一方、過保護な親にウンザリしている健は、悪友の和也を誘い同じ山でヒッチハイクの旅をしていた―。

キャスト コメント

<大倉空人>
映画『ヒッチハイク』で山崎健役を演じさせて頂きます、大倉空人です。今回のお話を頂いた時は本当に衝撃的で、主演を務めさせて頂くということがしばらくの間信じられませんでした。山田監督をはじめ、スタッフの皆さん、そしてキャストの皆さんと一緒に必死に取り組んだ作品です。”ヒッチハイク”から始まったある男との出会いから物語は始まります。それぞれのキャラクターの背景にも注目してこのホラー映画を楽しんで頂けたら嬉しいです。公開まで楽しみに待っていてください!

<中村守里>
撮影現場は鬱蒼とした木々に囲まれ、隔てられているような空間でしたが、傍には暖かな皆さんがいて沢山の支えをいただきました。少し映像を観た際、出演したはずの私でさえも恐怖で顔が歪み、仰け反ってしまうほどのものでした……。観てくださる方の反応が今から楽しみです。

<平野宏周>
和也役で出演させていただきます、平野宏周です。初のホラー作品で緊張しましたが、スタッフ・キャストの皆さんに温かく支えて頂き、非常に楽しく撮影に挑めました。主人公たちが、ヒッチハイクをすることによって、どんな体験をするのか! そしてどんな想いでヒッチハイクをしたのか、注目していただけると嬉しいです。今年の夏は、是非映画『ヒッチハイク』でドキドキハラハラしてください!

<高鶴桃羽>
初映画出演・初ホラーで正直最初はとても緊張していましたが、監督・スタッフの皆様・キャストの皆様のおかげで楽しく撮影できました! 私が演じた野本茜ちゃんは、強くてとても魅力的な女の子で、言いたいことははっきり言える子です。私とは違うタイプの子だったので、演じる中で、試行錯誤して挑みました!

(C)2023「ヒッチハイク」パートナーズ

キーワード:
最新記事