ホラー通信

外国映画

ぼったくり一家、ゾンビ・ビジネス始めます。 韓国発の痛快ゾンビコメディ『感染家族』日本公開

2019.06.26 17:10 by

ヨン・サンホ監督の『新感染 ファイナル・エクスプレス』のヒットも記憶に新しい韓国から、今度は爆笑ゾンビコメディ『感染家族』が上陸。夏真っ盛りの8/16より日本公開であります。

田舎の寂れたガソリンスタンドで、旅行客相手に車の修理費用をぼったくって暮らしていたパク一家。ある日、一家の父マンドクが村に突如現れた一人のゾンビに噛まれてしまいます。ゾンビウイルスの一時的な作用なのか、翌日のマンドクはお肌ツヤツヤ、見事に若々しく一変。その変化はたちどころに村中の噂となり、その日暮らしのパク一家はゾンビによって若返り効果を得る“ゾンビ・ビジネス”を開業し……。

「絶対ロクな事にならないだろ」と嫌な予感でワクワクしちゃうあらすじ。映画本編の愉快な雰囲気を予告編でお確かめください。

村の第一感染者となる父・マンドクを演じるのはパク・イナン。『ウォーム・ボディーズ』のニコラス・ホルトばりのイケメン・ゾンビで、本作のキーパーソンとなる“チョンビ”を演じるのはチョン・ガラム。ゾンビ・ビジネスを大成功させようと目論むがめつい次男ミンゴルを演じるのはスリラー映画『殺人者の記憶法』で連続殺人鬼役を怪演していたキム・ナムギルです。

映画本編には『新感染 ファイナル・エクスプレス』や、『ショーン・オブ・ザ・デッド』など様々なゾンビ映画のオマージュも? ぜひ劇場でお確かめを!

『感染家族』
8月16日(金)より、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにてロードショー
配給:ファインフィルムズ
HP:http://www.finefilms.co.jp/theoddfamily/

(C) 2019 Megabox JoongAng Plus M & Cinezoo, Oscar 10studio, all right

キーワード:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事