ホラー通信

映画

これらの部屋はすべて実在する…… “事故物件に住んでみた”実体験を映画化『事故物件 恐い間取り』特報映像

2020.05.26 07:00 by

“事故物件住みます芸人”として知られる松原タニシが実体験を綴った著書「事故物件怪談 恐い間取り」を、『リング』の中田秀夫監督が映画化した『事故物件 恐い間取り』が8月28日より全国ロードショー。本作の特報映像とティザービジュアルが解禁となった。

殺人・自殺・火災などの死亡事故があった“いわくつき”の部屋=事故物件。亀梨和也演じる売れない芸人・山野ヤマメは、プロデューサーから「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むこととなる。1軒目の部屋で撮影された映像の中には白い“何か”が映り、音声に乱れが生じる。番組は盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメを待ち受ける、“最恐”の事故物件とは?

インパクト抜群のティザービジュアルは、部屋の中でカメラを回していたヤマメが、“あるモノ”を発見して恐怖におののく姿を切り取ったもの。特報映像では、不穏なムードを醸す空き物件を捉えた映像や、困惑しながらも事故物件に住み始めるヤマメの様子を見ることができる。ひとりでに開くドア、そして、部屋に佇むヤマメに何かが忍び寄る……。

豪華キャスト18名一挙解禁

主演の亀梨和也の脇を固める、18名の豪華キャストが一挙に解禁。ヤマメを密かに応援するメイクアシスタント・小坂役に奈緒、ヤマメの相方・中井を瀬戸康史、ヤマメに事故物件に住むことを提案するプロデューサー・松尾を木下ほうか、ヤマメに事故物件を紹介する不動産屋・横水を江口のりこ、梓のヘアメイク先輩・カオリをMEGUMI、制作会社AP・下中を真魚、番組の放送作家・熊谷を瀧川英次、人気お笑いコンビ役を加藤諒・坂口涼太郎、ヤマメのマネージャー・佐々木を中田クルミ、ベテラン女芸人・ヒミコをバービー、定食屋店主を宇野祥平、怪しい宮司・伊崎を高田純次、心霊研究家・篠崎を小手伸也が演じ、さらに有野晋哉・濱口優・団長安田・クロちゃんをはじめとした松竹芸能の芸人が多数出演する。

『事故物件 恐い間取り』
2020年8月28日(金)全国ロードショー

キーワード:
最新記事