ホラー通信

映画

ラッセル・クロウが狂気の“あおり運転”男に。 アクションスリラー『アオラレ』5月公開

2021.01.26 08:00 by

ラッセル・クロウが恐るべき悪漢を演じるアクションスリラー『アオラレ』(原題:『Unhinged』)が5月より日本公開。

クロウが演じるのは、“あおり運転”の常習犯だという素性不明の男。シングルマザーのレイチェルは、子供を送り届けるため車を走らせていると、信号で見知らぬ男と言い合いになってしまう。「運転マナーがなっていない」と難癖をつけられるも謝罪を拒否。すると、その男は常軌を逸した行動でレイチェルを追い詰めはじめる……。よくある運転手同士のいざこざが恐るべき事件へと発展していく。果たしてレイチェルはこの男から逃げ切れるのか?

レイチェルを演じるのは『移動都市/モータル・エンジン』のカレン・ピストリアス。レイチェルの息子・カイルを、リメイク版『チャイルド・プレイ』に主演したガブリエル・ベイトマンが演じている。監督は、『レッド・バレッツ』『幸せでおカネが買えるワケ』のデリック・ボルテ

併せて解禁となった場面写真では、狂気をはらんだ視線を向ける“男”の姿や、レイチェルとカイルの逼迫した様子が映し出されている。

『アオラレ』
5月全国ロードショー

キーワード:
最新記事