ホラー通信

その他

謎だらけのホラー映像エンタメ『ROOOM』発表 「デジタル心霊スポット」など意味深ワード満載の予告映像解禁

2021.07.07 20:00 by

『リング』『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』『ソウ』など、先鋭的なホラー映画を配給してきた映画配給会社アスミック・エースが、新感覚のホラー映像エンタメ作品『ROOOM』を発表した。詳細は伏せられているが、興味をそそる予告映像が解禁となっている。

『ROOOM』はどうやら自宅で楽しむ映像作品のようだ。公演日時が設定されており、PCとスマホの両方、Wi-Fi環境、LINEアカウントが必要だという。スクリーンを離れ、あなたの部屋に、あなたの手元に、ダイレクトに入ってくる“未知の恐怖”を謳っている。

予告映像では、新しいフォーマットで恐怖を追求した数々のホラー映画のタイトルを羅列し、本作でも新しいスタイルの恐怖を突き詰めたことを示唆する。とある間取り図が最大限までクローズアップされると、様々な住宅・部屋の写真が映し出され、「上から下へ」「部屋から手元へ」「私からあなたへ」「恐怖が入ってくる」というワードが現れる。ノートに書かれた「思念」「依存性」「デジタル心霊スポット」というワードも意味深だ。

舞台はありふれたマンションの一室。越してきた新婚夫婦。妻のお腹には新たな命が宿っている。住民は優しく、申し分のない新生活。唯一の不満は、夜中に上から響く怪音。「ドン、ドン、ドン」と床を叩くような音が上の階から聞こえる。しかし、上階の住人は心当たりがないという。この音をきっかけに、幸せな生活は音を立てて崩れ始める。私の部屋に恐怖が落ちてくる。この部屋が、変なのか? それとも――。

「ROOOM」
https://stayrooom.asmik-ace.co.jp
公演日時:7/29(木)・30(金)・31(土) 19:30~/21:30~
チケット:¥2,500(税込)
必要機材:PC・スマホ両方/Wi-Fi 環境/LINE アカウント(QR コードの読み込みアリ)
企画・プロデュース:アスミック・エース

(C)2021ROOOM/AA

最新記事