ホラー通信

TV/ドラマ/配信

「オカルトの森へようこそ」オリジナルTRPGに白石晃士監督&キャストが挑戦する生配信番組決定 “オカ森”ワールドの予習にもぴったり

2022.07.10 19:00 by

「オカルトの森へようこそ」ドラマ版ポスター

「コワすぎ」シリーズ、『オカルト』『貞子VS伽椰子』の白石晃士監督による最新型POVホラードラマ「オカルトの森へようこそ」が7月22日よりWOWOWにて放送・配信開始、その劇場版となる『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』が8月27日より公開(デジタル配信同時開始)。これを記念して、白石監督とキャストが、オリジナルシナリオのクトゥルフ神話TRPGをプレイする特別番組がYouTubeにて生配信される。

「オカルトの森へようこそ」は、実録ホラーの撮影隊が“異界と繋がる祟りの森”を舞台に、次々と迫りくる恐怖に立ち向かうストーリー。今回の番組では、本作の世界観を落とし込んだクトゥルフ神話TRPGオリジナルシナリオ「呼ばう家」を、白石晃士監督、イケメン霊媒師ナナシ役の飯島寛騎、美しき変人・三好麻里亜役の筧美和子がプレイする。3人ともTRPGは初めてだそうなので、TRPG初心者にも優しい番組になるかも? 3人は番組内でキャラクター作成にもトライするとのことだ。

オリジナルシナリオ「呼ばう家」は今回のために制作されたもの。シナリオ監修と、番組配信時の進行役・KP(キーパー)を務めるのは、「壊胎」「傀逅」などのシナリオ制作者として知られ、TRPGやゲーム実況の動画配信などでも人気のむつー。シナリオ制作は、「夕焼けの街」「プルガトリウムの夜」などの中尾ヤスヒロが担当した。

TRPG(テーブルトークロールプレイングゲーム)は、プレイヤーが自ら作ったキャラクターをアドリブで演じながら、巻き起こる様々なミステリーを乗り越えていくゲーム。架空の神話“クトゥルフ神話”を題材にしたTRPGを「クトゥルフ神話TRPG」と呼び、ごく普通の人々が恐るべきクトゥルフ神話の脅威に立ち向かう、神秘と恐怖のストーリーとなっている。白石晃士監督は、「オカルトの森へようこそ」に登場するクリーチャーの造形や設定にクトゥルフ神話の影響があると語っており、今回のゲーム配信のきっかけとなった。

番組名:【新クトゥルフ神話TRPG】「オカルトの森へようこそ」キャストが挑む「呼ばう家」
日時:2022年7月18日 19:00配信開始予定
配信URL:https://youtu.be/hbh7DT68-8g
出演者:筧美和子、飯島寛騎、白石晃士監督、むつー(クトゥルフ神話TRPG YouTuber)

Call of Cthulhu is copyright (C)1981, 2015, 2019 by Chaosium Inc. ; all rights reserved.

<ドラマ>
「WOWOW オリジナルドラマ オカルトの森へようこそ」
7月22日(金)午後11時30分放送・配信スタート [全6回]
第1話無料放送【WOWOWプライム】/無料トライアル実施中【WOWOWオンデマンド】

<劇場版>
『オカルトの森へようこそ THE MOVIE』
8月27日(土) 新宿ピカデリーほか全国劇場【3 週限定】公開&デジタル配信同時開始
監督・脚本・撮影:白石晃士
出演:堀田真由 飯島寛騎/筧美和子 宇野祥平/白石晃士
佐々木みゆ 中野英雄 池谷のぶえ
配給:WOWOW・KADOKAWA
本編:123 分 レーティング:PG12

(C)2022WOWOW・KADOKAWA・ひかり TV

キーワード:
最新記事