ホラー通信

あなたの新しいトラウマ映画『へレディタリー/継承』予告編 亡くなった祖母が遺したものは……

外国映画 2018.10.16 07:00 by

「現代ホラーの頂点」とも評される期待のホラー映画『へレディタリー/継承』が11月に日本公開。予告編が解禁となった。

今作は、主人公一家グラハム家の亡くなった祖母・エレンをめぐる、奇妙で恐ろしい物語。エレンは気難しく、謎の多い人物だった。エレンの遺品が入った箱には、「私を憎まないで」というメモが挟んであった。エレンの娘アニーは、過去の出来事がきっかけでエレンに愛憎入り交じる感情を抱いていた。

アニーは、夫のスティーヴン、内気な高校生の息子ピーター、祖母に溺愛されていた対人恐怖症の娘チャーリーとともに、家族を亡くした哀しみを乗り越えようとしていた。しかし、自分たちがエレンから忌まわしい“何か”を受け継いでしまっていることに気付いてはいなかった……。

予告編には、鳥の死体から首を切り落とそうとする不気味な表情の孫娘・チャーリーや、授業中に不審な音を聞いて突如机に頭を打ち付ける孫・ピーター、家の中で亡くなったはずの母の姿を見かけて悲鳴をあげる娘・アニーの姿などが映し出され、不安を煽る。やがて一家は、最悪な出来事によって修復不能なまでに崩壊してしまう。祖母が家族に遺したものとは、一体なんだったのか――?

この映画はあなたの新しいトラウマになる、かもしれない。

作品概要

『ヘレディタリー/継承』
11月30日(金) TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー

出演:トニ・コレット、ガブリエル・バーン、アレックス・ウォルフ、ミリー・シャピロ、アン・ダウド
脚本・監督:アリ・アスター
製作:ケビン・フレイクス、ラース・クヌードセン、バディ・パトリック
撮影監督:パヴェウ・ポゴジェルスキ
編集:ジェニファー・レイム、ルシアン・ジョンストン
音楽:コリン・ステットソン
ミニチュア模型・特殊メイク:スティーブ・ニューバーン

公式 HP: hereditary-movie.jp
公式 twitter: @hereditarymoviejp
公式 instagram: @hereditary.movie
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ 配給:ファントム・フィルム
原題:HEREDITARY|2018 年|アメリカ映画|ビスタサイズ|上映時間:127 分| PG-12

(C) 2018 Hereditary Film Productions, LLC

キーワード:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事