ホラー通信

外国映画

巨匠ジョン・カーペンターが帰ってきた! 新作『ハロウィン』音楽メイキング映像 「この映画は怖いよ、私が保証する」

2019.03.19 17:00 by

御大、お元気そうです。

感情のない殺人鬼ブギーマンを描いた伝説的ホラー映画『ハロウィン』(1978)の、40年後を描く続編『ハロウィン』が4月より公開。これまで数多く作られているシリーズ作でも今作がひときわ胸アツなのは、オリジナル版を生んだジョン・カーペンター監督がエグゼクティブ・プロデューサーとして参加しているのに加え、息子のコーディ・カーペンターとともに音楽を担当していること。

『ハロウィン』といえば、カーペンター自身が手掛けたあのテーマソングが外せません。ブギーマンの姿を思い浮かべるとあの音楽も自然に思い起こされます。

解禁となった映像で「ジョン・カーペンターの音楽が必要だった」と語るのは今作のデヴィッド・ゴードン・グリーン監督。ジョン・カーペンターの今作への参加は制作陣の熱い要望によるものだったそうですよ。

映像に登場したカーペンターは、「父親から4分の5拍子を習った。このリズムがテーマソングにいいと思ったんだ」とあの独特のリズムを口ずさみます。新作『ハロウィン』ではオリジナル版の音楽にアレンジを加え、楽曲を現代的にアップデート。「息子たちとの制作作業は実にうれしかった」と笑顔を見せるカーペンターに思わずグッときちゃう。

また、気になる新作の出来については、「“怖い映画を作る”、考えていたことはそれだけ。死ぬほど怖いよ。私が保証する」と自信を見せます。御大の太鼓判ほど頼もしいものはないでしょう! 新作『ハロウィン』、どうぞご期待を。

作品概要

『ハロウィン』
4月12日(金)、全国公開

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン 脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン 
製作:ジェイソン・ブラム 音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ニック・キャッスルほか
配給:パルコ 宣伝:スキップ
2018年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:Halloween/106
分/R-15

(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS

キーワード:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事