ホラー通信

外国映画

密室で眼球破裂……奇妙な死を招く都市伝説を描いたJホラー『シライサン』特報解禁

2019.05.24 08:00 by

小説家の乙一が、本名の安達寛高(あだちひろたか)名義で監督・脚本を手がけるJホラー映画『シライサン』が2020年1月に公開。特報映像が解禁となりました。

謎の電話を最後に、密室の部屋で眼球破裂と心不全という不自然な死因によって弟を亡くした大学生の鈴木春男。同じ時期に同様の死因で親友を失った瑞紀(飯豊まりえ)の存在を知り、この一連の死亡事故が単なる事故ではないと疑い始めます。協力して調査を進める春男と瑞紀。そんななか、連続不審死の鍵を握ると思われる話を聞きつけますが、それこそが「その名を知ると、呪われる。目をそらしたら、殺される」というシライサンの呪いによる悲劇の幕開けだったのです。

解禁となった特報映像はこちら。

「名前はなんだ、と男が聞いたら、そいつは“シライサン”と名乗った」 不審死にまつわる奇妙な証言が気になります。

シライサン、男か女かあるいは人の形をしていない何かか、まだまだ不明なことばかりではありますが、『リング』の貞子や『呪怨』の伽椰子に次ぐ新たなホラーアイコンとなるでしょうか。続報を楽しみに待ちましょう。

作品概要

『シライサン』
出演:飯豊まりえ 稲葉友 ほか
脚本・監督:安達寛高(乙一)
配給:松竹メディア事業部
公開:2020年1月 全国公開
http://shiraisan.jp/

キーワード:

この記事を読んだ人におすすめの記事

最新記事