ホラー通信

映画

40年前の生存者たちが再登場 『ハロウィン』シリーズ最新作『ハロウィン KILLS』最終予告編 「私たちが殺るのよ」

2021.09.28 20:00 by

“ブギーマン”と称される殺人鬼マイケル・マイヤーズの恐怖を描く『ハロウィン』シリーズ最新作、『ハロウィン KILLS』が10月29日より公開。最終予告編が解禁となった。

一作目の『ハロウィン』(1978)でマイケルに襲われ、彼が収監されてからも40年もの間トラウマに苛まれてきた生存者・ローリー。前作の『ハロウィン』(2018)では、ローリーと娘カレン、孫娘アリソンが協力し、再び現れたマイケルを燃え盛る炎で葬り去ったはずだった。しかし、生還したマイケルにより、ハドンフィールドの街は再び血に染まることとなる。

解禁となった最終予告編では、一作目でマイケルと接触しながらも生き残った人々が再び登場していることが明かされる。まだベビーシッターにあやされる子供だったリンジー・ウォレス(カイル・リチャーズ)、そして最初に襲われた看護師マリオン・チェンバース(ナンシー・スティーヴンス)らだ。40年前の姿と現在の姿とが映し出され、マイケルが恐怖をもたらしてきた時間の長さを感じさせる。長年“ブギーマン”の存在に怯えて生きてきた彼女たちも、悪夢を終わらせようと決意。殺意をみなぎらせるローリーたちとともに、ハドンフィールドの住人たちも立ち上がる。映像には、マイケルのマスクが今まさしく剥がされようとするシーンも収められている。一作目と同じように、再びマイケルは素顔を晒すのだろうか? 戦いの行方とともに注目したい。

『ハロウィンKILLS』
10月29日(金)TOHOシネマズ日比谷、渋谷シネクイントほか全国公開
配給:パルコ ユニバーサル映画

監督:デヴィッド・ゴードン・グリーン
脚本:ダニー・マクブライド、デヴィッド・ゴードン・グリーン、ジョン・カーペンター
製作:ジェイソン・ブラム、ジョン・カーペンター、ジェイミー・リー・カーティス、ダニー・マクブライド
音楽:ジョン・カーペンター、コーディ・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、カイル・リチャーズ、ジェームズ・ジュード・コートニー、ディラン・アーノルドほか
2021年/アメリカ/カラー/デジタル/英語/原題:HALLOWEEN KILLS/R-15

(C)UNIVERSAL STUDIOS

キーワード:
最新記事