ホラー通信

映画

生死を賭けた脱出ゲームを描く『エスケープ・ルーム』 殺人トラップ部屋一挙公開!

2019.11.15 12:00 by

生死を賭けた脱出ゲームを描くスリラー映画『エスケープ・ルーム』が2/28より公開。劇中に登場する、殺人トラップが仕掛けられた様々な「部屋」が映し出された場面写真をご紹介する。

「セットそのものが独自のキャラクターになる」とプロダクション・デザインを務めたエドワード・トーマスが語るように、本作の「部屋」はまるで生きているかのように参加者たちに牙をむく。

まずは天井や柱がオーブンのように熱を帯び、急激に室内の温度が上昇していく「灼熱地獄」

凍てつく氷点下の世界に閉じ込められる「極寒地獄」

天地が逆転し、フロアのパネルが一枚また一枚と外れ、はるか下へと落ちていく「宙吊りビリヤード・ルーム」

病院のような薄暗い空間にじわじわと毒ガスが噴射されていく「猛毒ガスルーム」

部屋の壁面、什器すべてのものにゼブラ柄が装飾され、見ているだけで目がクラクラしてきそうな「死の幻覚ルーム」

すべての部屋が、参加者の死を招くように設計されている。これらの難関を、ゲームの参加者たち6名はクリアしていかなければならない。

そしてこちらは、ゲームの招待状である立方体を嬉しそうに眺めるゾーイの姿。招待されているゲームが、まさかそんな危険なものだとは知らずに……。

『エスケープ・ルーム』
2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

(C) 2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

キーワード:
この記事を読んだ人におすすめの記事 最新記事