ホラー通信

映画

妖しくも美しい“空想上の親友”が精神を支配する。 SpectreVisionがおくる狂乱のスリラー『ダニエル』日本公開

2020.10.29 18:00 by

『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』『カラー・アウト・オブ・スペース―遭遇―』を送り出した、イライジャ・ウッド率いる制作会社SpectreVisionの新たな作品が日本上陸。他人には見えない“空想上の親友”を描いたスリラー『Daniel Isn’t Real(原題)』が、邦題『ダニエル』として2021年2月5日(金)より公開される。

“ダニエル”とは、主人公ルークにしか見えない空想上の親友、いわゆる“イマジナリー・フレンド”。幼少期のある事件をきっかけにその存在を封印していたルークだったが、時が経ち、孤独と不安に苛まれたことで、長年の封印からダニエルを呼び起こす。カリスマ性溢れる美青年の姿で現れたダニエルの助言によって、ルークの生活は一変。何もかもが順調に進み、やがてダニエルが必要なくなっていく。しかしダニエルはそれを許さず、次第にルークの精神を支配しようと動き出す――。

若き二世俳優の競演

本作では、二人の若き二世俳優がその才能を発揮している。内気で繊細な青年・ルークを演じるのは、ティム・ロビンスとスーザン・サランドンを両親に持つマイルズ・ロビンス。ダニエルに翻弄され自己喪失していく難しい役どころを熱演し、初主演作ながら、第52回シッチェス・カタロニア国際映画祭で男優賞を受賞した。圧倒的なカリスマ性を持つ、妖しくも美しい空想上の親友・ダニエルを演じるのは、アーノルド・シュワルツェネッガーを父親に持つパトリック・シュワルツェネッガー。美しさの中に狂気を感じさせるキャラクターで新境地を見せる。異色のブロマンスから狂乱のクライマックスへ、予想もつかない展開を迎える主人公たちを見事に演じた二人にご注目だ。

監督・脚本は、自身も子供の頃に“空想上の親友”を持った経験があるというアダム・エジプト・モーティマー。これまでにホラー映画『デッド・ガール』(原題:Some Kind of Hate)を監督したほか、ホラーアンソロジー映画『ホリデーズ』にケヴィン・スミス監督らとともに参加。「New Year’s Eve」のエピソードを監督している。

『ダニエル』
2021年2月5日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイント、グランドシネマサンシャイン(池袋)ほか全国公開

製作:イライジャ・ウッド
監督・脚本:アダム・エジプト・モーティマー

配給:フラッグ
公式サイト:danielmovie.jp
公式Twitter:@danielmoviejp

(C)2019 DANIEL FILM INC. ALL RIGHTS RESERVED. 【R15+】

キーワード:
最新記事