ホラー通信

映画

痛みで、心が満たされる。 “異物”を呑み込む危険な欲望描くスリラー『Swallow/スワロウ』日本公開

2020.11.13 19:00 by

異物を、それもとりわけ“危険なもの”を呑み込みたいという衝撃的な欲望を描いたスリラー『SWALLOW(原題)』が、邦題『Swallow/スワロウ』として2021年1月1日より全国ロードショー。銀色に輝く画鋲を、今にも呑み込んでしまいそうな主人公を写した日本版アートワークが解禁された。

主人公は、孤独に苛まれている女性・ハンター。完璧な夫とともにニューヨーク郊外の邸宅に住み、誰もが羨むような暮らしをしていたが、夫は自分の話を聞かず、義父母には蔑ろにされ、息苦しい毎日を送っていた。そんな中、彼女の妊娠が発覚。夫と義父母は歓喜するが、ハンターの孤独は深まっていく。ある日、ハンターはガラス玉を呑み込みたいという衝動にかられ、それを実行してしまう。異物を呑み込むことで、痛みとともに充足感と快楽を得た彼女は、次第により危険なものを口にしたいという欲望に取り憑かれていく……。

監督・脚本のカーロ・ミラベラ=デイヴィスは、自身の祖母が強迫性障害によって手洗いを繰り返すようになったというエピソードから本作を着想。結婚、妊娠、夫や義父母からの重圧により孤独を深めていく主人公が、異物を呑み込むことで自分を取り戻していくというショッキングな物語を生み出した。

主人公ハンターを演じ、製作総指揮も兼任したのは、『ハードコア』『ガール・オン・ザ・トレイン』のヘイリー・ベネット。その体当たりの熱演によって、トライベッカ映画祭では主演女優賞を獲得している。

『Swallow/スワロウ』
2021年1月1日 新宿バルト9ほか 全国ロードショー
出演:ヘイリー・ベネット、オースティン・ストウェル、エリザベス・マーヴェル、デヴィッド・ラッシュ、デニス・オヘア
監督・脚本:カーロ・ミラベラ=デイヴィス
配給:クロックワークス
http://klockworx-v.com/swallow/

Copyright (C) 2019 by Swallow the Movie LLC. All rights reserved.

キーワード:
最新記事